緊張状態が偏頭痛の原因に!リラックスと集中の使い分けが大切 28歳 K.R.さん

偏頭痛とは、頭部の血管が拡張し痛みが発生するのが偏頭痛です。

初めは天気のせいとか、気持ちの問題だと軽く思っていたのですが、どうやらそうではなさそうです。

いつから偏頭痛に悩んでいたか

現在私は28歳です。中学生になった頃から、偏頭痛に悩まされてきました。

小学生までは田舎の小さい1学年20人以下の学校で、しかも狭い友達関係の中で生活してきたので、中学生になり一クラス35人×5クラスという大勢の中に入り、萎縮してしまったのです。

仲よかった小学校の、頃の友達もそれぞれの世界を作り出し、広い友達関係を築き始めました。私はというと、なかなか自分らしさも出せず、常に生活にストレスを感じていました。今は幼稚園教諭をしています。

偏頭痛の症状

頭の左側だけがズキンズキンと脈打つように痛み、15分から30分位して治ったかとおもうと、数時間後また痛みに襲われます。

また、痛みと共に、食欲も、なくなり吐き気をもよおします。

私の偏頭痛の前兆として、手足ががくんと重くなり、だるくなり、喉がカラカラになります。頭が割れるような痛みだと、仕事も手につかないので、適度に目をつぶって休みます。

どんな時に痛みが出るか

休みの日はリラックス出来る日ですので、頭痛とは関係ないと思っていたのですが、私の場合は休みの日に偏頭痛が来ることの方が多いです。

メンタルが、元々弱いのかもしれません。日々緊張感をもって全力で過ごしていると、休みの日にフッと緊張感が抜けるとズキンズキンといたみます。

日頃気をつてけていること

昔からひどく喉が乾き始めると危ない!と、思っているので、ミネラルウォーターかお茶を常に近くに置いています。

病院からもらったポンタールという薬も、常に持っていないと不安になります。痛くなったらポンタールを飲むと落ち着きます。

偏頭痛解消の為にしていること

今は以前より偏頭痛に悩まなくなりました。それはスポーツや塗り絵を始めてからです。

全く別の分野なのですが、共通して言える事は、のめり込んで打ち込めるという事です。

今までスポーツなどしたことないので、あまりハードではなく、自分のペースでレベルを選べるボルダリングを始めました。無言で黙々とやっていたのですが、近くにいた人が「ガンバ!!」とボルダリングならではの声援をしてくださり、とても嬉しくなりました。

塗り絵は元々絵を描くのが好きだった名残です。大人の塗り絵が最近流行ってますよね。

偏頭痛との付き合い方

リラックスと集中の使い分けを上手くしていく事です。

薬で痛みを抑える事もいいと思いますが、今では最終手段にしています。同じ薬を飲み続けていたら、効きが悪くなってしまったような気がしたので…。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ