気圧の低下が原因で起こる偏頭痛の原因と対処方法

気圧の低下が原因で起こる偏頭痛の原因と対処方法、体に占める水分の割合は非常に高いです。成人の場合は60%~65%が水分で占められています。

そのため雨や台風など低気圧が近づいてくると、気圧が下がることによって受ける影響は大きく、血圧が下がり血管が膨張するといった変化が体におきます。

気圧が下がることで起きる体の変化

低気圧が近づいてくると、血圧も下がるので体内の血液の巡りが低下して脳の血液も循環しにくくなります。すると頭蓋骨内の血管が膨張して三叉神経を圧迫してしまうので偏頭痛がおきてしまいます。

また耳の奥に内耳という器官があり、内耳はいつもリンパ液で満たされた状態にあります。体を動かした時にリンパ液の流れを脳が感じると体が自動的にバランスを取ろうと反応するようになっています。低気圧による急激な変化は、内耳のリンパ液の流れを乱すため強いストレスとして脳に伝えられます。

しかし脳が目から得られる情報と内耳が伝えてくる情報とが一致しないため、脳が強いストレスを受けます。内耳から脳に伝えられてくる情報と、実際に目で見て得た報に大きな開きがあるため、脳が混乱して刺激を受けて交感神経を働かせます。交感神経は血管を覆うように張り巡らされているので、血管を収縮させてしまい偏頭痛の原因になります。

ヒスタミンの分泌で偏頭痛が起きる

気圧の低下による体への刺激により、体内物質であるヒスタミンが分泌されます。ヒスタミンは炎症を悪化させてしまう作用があり、血管拡張作用や血管浸透性を高める働きもあるので、むくみの原因になります。

むくみが起きると、体内の血液の循環量が減り血管が膨張して偏頭痛の原因になります。ヒスタミンの分泌が原因で起きた偏頭痛は、頭や首筋は冷やして痛みを和らげるようにしますが、頭や首筋以外の背骨や骨盤を温めることで、循環がよくなり偏頭痛が改善されます。余分な水分を排出する効果があるカリウムを含む食品を食べることも効果があります。

気圧の低下が原因で起きる偏頭痛には、普段の生活で自律神経を整えることが大切です。規則正しい生活を送って、寝不足にならないようにしましょう。

また1日3食を決まった時間にとることも自律神経のリズムを整えるのに役立ちます。そして汗をかく運動を週2日から3日でよいので行うと、体全体の循環がよくなり偏頭痛を予防する効果があります。

気圧でおきる偏頭痛を改善するために

気圧が原因で起きる偏頭痛には、カフェインの摂取が効果的です。カフェインが拡張をした血管を収縮してくれるので、低気圧が原因で膨張してしまった血管を収縮してくれるので痛みをやわらげてくれます。

また気圧の影響を受けやすい人は、胃腸や消化器官が弱い虚弱体質であったり、ストレスの多い生活を送っている方が多い傾向にあります。疲れた時は無理せずに休み、リラックスできる時間を持つようにしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ