肩こりがすると偏頭痛になる人必見!肩こりで偏頭痛の予兆を察知できる

現代人に多いと言われる偏頭痛。

というのも、偏頭痛は現代人ならではの生活習慣によって引き起こされる場合も少なくないとされるからです。

また、肩こりも現代人の生活によって起こりえます。偏頭痛と肩こりには密接な関係がある場合もあります。

偏頭痛は現代的な生活が影響して起きることも

偏頭痛はストレスや疲れ、騒音やまぶしい光によるもの、寝不足や睡眠過多、パソコンでのデスクワークなど長時間同じ姿勢をとっているなどが原因で起こります。

これらはいずれも現代的な生活に起因している悪い生活習慣や環境によっていることが見て取れます。

肩こりもまた、多くの現代人が抱えているつらい症状です。これも、デスクワークでの長時間同姿勢など、偏頭痛の原因のひとつと同じもので起こることがあります。

肩こりと偏頭痛の関係について

肩こりと偏頭痛には関係があるのでしょうか。

実際に肩こりが原因で頭痛が起こる場合もあります。ところが、それは緊張型頭痛といって、偏頭痛とは異なる症状です。緊張型頭痛の場合は肩こりを軽減すると頭痛も軽くなる場合が多いです。

では偏頭痛は肩こりとは関係ないかといえばそうでもありません。偏頭痛の場合は、頭痛になる前に肩こりがひどくなる、という症状が出る場合があるのです。緊張型頭痛とは逆の現象です。

これは偏頭痛が三叉神経から痛みを感じさせる物質が分泌されて起こる場合、その物質が肩にも作用して肩こりがしているように感じさせるからだとされています。

この関係性を薬の服用タイミングに利用することもできます

偏頭痛と肩こりにこのような相関関係がある人にとっては、肩こりは偏頭痛の嫌な予兆となってしまいます。ところが、ひとたび偏頭痛の痛みの軽減をするための薬剤治療を始めれば、肩こりは、適切なタイミングで薬を飲むことに利用できます。

偏頭痛の特効薬と言われるトリプタン製剤は、偏頭痛の起きる前に飲むことで効果を発揮します。一般的にランダムに起こりがちで、必ずしも予兆があるとも限らない偏頭痛ですが、肩こりが予兆としてある人は、これを利用してトリプタン製剤を飲むことができます発想の転換と言えます。

なお、偏頭痛には脳疾患など重大な別の病気や副鼻腔炎など頭とは関係ない病気で起こることもあるので、頭痛外来などで正しく診断されることをおすすめします。また、生活習慣の改善もできるだけ行いたいものです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ