肩こりで偏頭痛が起こる?原因・症状・治し方は?

肩にはいくつか炎症が起きやすい箇所があります。肩の痛みが強くなると、偏頭痛、眼精疲労、頸部痛などさまざまな症状が起こります。

症状

肩こりは、首の後ろから肩関節にかけて張り感、重だるさ、時に頭痛を伴い、首及び肩を動かすと痛みが強まる場合があります。

背中の痛みでは、背骨と肩甲骨の間が痛むものが、30~40歳代で、パソコンをよく使う人に多いようです。

高齢者で背中が曲がってきた人には、背骨自体の痛みや、曲がっている背骨の頂点よりやや腰よりの背骨の両脇が痛むことが多いようです。背中を軽くたたくだけで、強い痛みがあったり、おじぎや後に背中をすると痛みが強まる場合があります。

原因

肩こりは、なで肩の人や長時間同じような姿勢で作業しているとなりやすく、あごがまえに出て背中が曲がった姿勢を続けていると、首のうしろの筋肉が緊張し、血行不良の状態に陥りやすくなります。

  • 血行不良になると、肩こりとともに偏頭痛が起こります。頸椎に問題がある場合も、肩こりの原因になります。
  • カバンをいつも同じ方向にかけている、冷え性、ストレスなども肩こり、偏頭痛の原因になります
  • パソコンなど長時間の使用は、眼精疲労の原因にもなり偏頭痛が生じます
  • 眼科的疾患、耳鼻科的疾患、歯口科的疾患の可能性も肩こりが原因となります

予防

同じ姿勢が続くと、肩こり、偏頭痛の原因になります。また腰が曲がっている、からだが横に傾いているなど、からだの中心がずれてしまうと、さまざまな痛みを生じます。肩周辺の筋肉には、頭や腕を支える筋肉があります。

パソコンや長時間の作業の際には、疲労が蓄積され、持続的な緊張により筋肉が硬くなります。

正しい姿勢を保つこと、パソコンやデスクワークなど長時間の作業の際には、適度な休憩をしその際にストレッチ体操で筋肉の緊張とこりをほぐします。

軽い肩こりや偏頭痛の場合、ホットタオルを肩こりの部分や後頭部すぐ下の頸部にあてると痛みがやわらぎます。

治しかた

筋肉や姿勢が原因の場合には運動療法、リハビリデーションから始めます。改善が不十分なら、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬などが必要です。原因のわからないまま漠然と整体やカイロプラクティックなど通っていると、大きな病気を見落としてしまいます。

痛みが続く場合や、痛みが強い場合、また偏頭痛や背中の痛みが続く場合は、病院を受診しましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ