コーヒーに偏頭痛を和らげる効果があるって本当?飲み方が大切!

偏頭痛でつらいときにコーヒーを一杯飲むと落ち着くことがあります。

その秘密はコーヒーに含まれるカフェインにあります。

しかし、ただカフェインを摂ればよいというわけではありません。偏頭痛とコーヒーの上手な付き合い方を説明します。

コーヒーで偏頭痛が収まる理由

偏頭痛を引き起こしてしまう原因は三叉神経への刺激やセロトニンの分泌バランスの崩れと言われていますが、直接的に偏頭痛を招いているのは脳の血管の拡張です。

血管が拡張することで周囲の神経を圧迫し、炎症を起こして痛みをよんでしまうのです。コーヒーに含まれているカフェインは脳の拡張しすぎた血管を収縮させる作用があります。

コーヒーは服用してからカフェインが脳に届くまでに30分ほどです。比較的即効性が期待できるので、偏頭痛を感じたのならばひどくならないうちにコーヒーを飲んでみましょう。

コーヒーは一杯で十分、なるべくブラックで

偏頭痛はコーヒーで収まる場合がありますが、コーヒーを飲めば飲む程痛みが取れるわけではありません。効果にも個人差があります。また、偏頭痛の予防効果もないので、偏頭痛を感じてから飲むようにしましょう。

コーヒーを飲み過ぎるとカフェイン中毒になってしまう危険性があります。また、コーヒーを飲む時には砂糖は入れず、ブラックで飲む方が好ましいです。砂糖は一時血糖値が上がりますが、そのあとインシュリンが働いて低血糖になりやすいです。低血糖は偏頭痛を招いてしまうことがあります。

コーヒーの飲みすぎで悪化の可能性も

コーヒーは偏頭痛を和らげる作用が期待できる一方で、飲み過ぎると偏頭痛を悪化させてしまう可能性があることも知っておきましょう。

一日に飲むコーヒーは3杯以下が望ましいです。それ以上の量のコーヒーを飲み続けているとカフェイン中毒を引き起こしてしまう危険性があります。カフェイン中毒は常に身体がカフェインを欲している状態で、飲んでいないときの偏頭痛がどんどん悪化してしまいます。

カフェイン中毒はコーヒーやカフェインなどを断って1週間ほどで治ることが多いです。また、コーヒー自体も刺激物なので、飲み過ぎると胃が荒れてしまう可能性があります。

コーヒーとは上手に付き合っていきましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ