ストレスが原因?就職してから偏頭痛が出だして 33歳 M.H.さん

現代女性に多いといわれている偏頭痛。一時的なものであると思ったら大間違いです。偏頭痛は繰り返すものが多く、長く付き合っていかなければいけないかもしれない病気です。

偏頭痛のつらさはなったことがある人にしかなかなかわからないものです。慣れてしまえば対処法がわかるので早くに痛みを抑えることができるのですが、最初のうちはただただつらいだけです。私の偏頭痛体験談を紹介いたします。

偏頭痛に初めてなったのは?

私が偏頭痛に初めてなったのは就職して半年くらいしてからのことです。仕事にやっとなれてきたころでしたが、疲れやストレスが溜まっていたせいか寝つきが悪く、ある日突然偏頭痛の症状が出ました。

最初はただの頭痛だと思っていたのですが、何度か繰り返したのでこれが所謂偏頭痛というものだということを知りました。ズキズキ、ガンガンという痛みが、普通の風邪のときの頭痛とは違ったのです。

偏頭痛が起こるときは?

偏頭痛が起こるのは、低気圧が近づいてきているときが多いです。天気予報で予報される低気圧と同じタイミングで偏頭痛がやってきます。また、生理前や疲れが溜まっているとき、寝不足が続いているときなども起こりいやすいです。

これは最近気がついたことですが、夜寝る前にPCやスマホをいじっていて目に刺激を与えていた次の日などは偏頭痛がでることがよくあります。

偏頭痛になったときの症状

まず目の奥がズキズキと痛み出します。目がえぐられるような痛みがあります。ちょっとした光や音が嫌になり、光や音をうけつけなくなります。

すぐに薬を飲めばよいのですが、飲めない場合はどんどんと痛みが増し、次第に吐き気をもよおします。吐いてもしばらくは痛みがひきません。少なくとも2時間くらいは睡眠をとらないともとにはもどりません。

あらかじめやっている予防策は?

偏頭痛は寝不足や疲れが溜まっているときにでやすいので、睡眠を十分にとるようにしています。またストレスを溜め込まないようになるべくリラックスできるような空間をつくり、アロマをつかった半身浴などをして癒しをえるようにしています。

そして、偏頭痛の予兆を感じたときにはすぐに鎮痛剤を飲むようにしています。こうすることで頭痛を事前に防ぐことができます。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ