偏頭痛からくる肩こりってあるの?肩こりと偏頭痛のつながりは密接!

肩こりからくる偏頭痛ってあるのです。

肩こりかと思い一般外来を受診したら、『肩こりからくる頭痛』と診断かれ筋肉を和らげる薬、筋肉の血行をよくする薬、ビタミン剤などを処方され、『緊張型頭痛』に分類されるようですが、偏頭痛はもっとひどい状態のことです。

偏頭痛からくる肩こりってどんなの?

肩こりと頭痛これが同時にくる場合、まず『偏頭痛』と診断されます。

『緊張型頭痛』の場合は、会社を休んでまでも病院にくることがないので、そこまで頭痛がひどいと言うことは、ほぼ『偏頭痛』で間違いないと診断されます。そして、その原因が肩こりからくると思われています。

しかし、肩こりだけで偏頭痛と言うのは難しいとこもあります。なので、偏頭痛からくる肩こりを見てみましょう。偏頭痛からくる肩こりは、慢性の肩こりと違う点はどこなのでしょうか?

それは、頭痛の前の急な肩こりの悪化、首や肩がどんと張ってくる気がしてくる、などが挙げられているようです。

何故肩こりから偏頭痛がくるのか?

そんな強い肩こりとともに、嘔吐や拍動痛などが現れると確実に偏頭痛です。

何故偏頭痛から肩こりを引き起こすのかと言うと、脳は硬膜と言う膜に覆われていて、その硬膜と言う膜の上を走っている三叉神経と言う神経から色々な痛みの物質が分泌されて偏頭痛は起こります。

この物質が炎症を起こしたり、血管を拡張させてどんどん痛みが悪化していくのです。この三叉神経は硬膜だけに分泌しているのではありません、それが肩こりと深い関わりを持っているのです。

そうなった時に効く薬は?

この三叉神経は首や筋肉にも分泌していて、そこにも炎症が波及することがあり、その結果として偏頭痛の前に肩こり感が増すのです。

さて、そうなった時に効く薬はあるのでしょうか?

偏頭痛の特効薬と言えばトリプタン製剤ですが、これは飲むタイミングが重要となってきます。偏頭痛の前触れとして肩こりを言ってくる方は非常に多く、その症状を覚えておけば内服のタイミングを逃すことはありません。

不快な肩こりがぐっと首や肩に拡がってきたとき、それはまさにトリプタン製剤を服用するタイミングです。

肩こりは偏頭痛の前触れ

急に肩こりが悪化してきた時には、冷たいタオルなどで冷やす、カフェインをとる、暗い部屋で休む、頭痛に効果的なツボを押す、などもあります。肩こりだけでも厄介なのに、偏頭痛まできたら本当に辛いですよね。

肩こりは偏頭痛の前触れとも言われていますので、肩こりの急な悪化があったときには、このような事を試してみるのは非常に効果的です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ