これからも付き合っていかなければならない偏頭痛について 女性 30歳 T.N.さん

偏頭痛とは、一般に月に1~2回程度、多い人で週に複数回起こる、ズキズキ・ガンガンとした頭痛のことです。頭痛は何時間か続くので、1度痛くなってしまうとしばらく痛みが引かず、長く苦しめられることになります。

偏頭痛の原因として知られるものは一般的に2つあります。それは、血管説と三叉神経血管説です。どちらも何らかの刺激で、血管が拡張されることに共通点があります。

偏頭痛を自覚したのは

私が偏頭痛を自覚したのは、中学生の頃でした。いつも何もないのに、辛い頭痛に襲われていました。その頃、両親が上手くいっていなかったことや、クラスに上手く溶け込めず嫌がらせをされたことがあり、ストレスで発症してしまったものと思われます。

偏頭痛がでるときは

私に偏頭痛がでるのは、何か悩んでいたり思い詰めている時が多いです。それ以外にも、本当に何も心当たりのなく突然痛みが襲ってくる時もあります。

しかし大体は、何かしらで脳に負荷をかけている時で、場所は関係なくでてしまいます。頻度としては、月に1回か2回程度です。症状がでない月はありません。

痛みを感じたら

私の偏頭痛は、頭痛と同時にクラクラする感じもあるので可能ならば、痛みが治まるまでじっとしています。その時にはしっかりと水分をとり、リラックスするようにしています。

もしそれが不可能な環境で痛みが出てしまう時は、ひたすら我慢してしまいます。我慢して動いて、一生懸命になると、頭痛を忘れられることがあります。その時はじっとしているより、早く痛みが治まる気がします。

周囲の人には

家族以外の周囲の人には、わざわざ「私、偏頭痛持ちなんだ」と伝えたことはありません。痛みで動けないことで迷惑をかけることは重々承知しているつもりですし、何よりよくあることだからです。

学生だった頃と比べて、偏頭痛を「しょうがない」と諦め、付き合っていくしかないと受け入れ、自分自身でも偏頭痛を少し軽く考えられるようにしています。

予防のために何か気を付けていることは

私の場合、何か偏頭痛のために予防策をとっていることはありません。予防策の方法が分からないのが1番の理由ですが、それ以前に「何か予防策をとっても、偏頭痛が出る時は出てしまうのではないか」と考えているからです。

冒頭に述べた通り、私は自分の偏頭痛は脳に負荷をかけた時に出るものだと捉えているため、防ぎようがないと思っています。もともと、私は思い悩むタイプですので原因が発生しやすいのです。

これからの付き合い方は

私は偏頭痛と、病気ではなく、自分のもつ性質だとして長く付き合っていくつもりです。また、こうして捉えることで思い悩まなくなれば、多少症状が和らぐかもしれないと淡い期待も抱いています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ