エアコンのせい?10年位悩ませている偏頭痛の症状 29歳 T.J.さん

いきなり頭がずきずきと痛みだし、時には立っていることもできなくなってしまう時もあれば、そこまで痛いというわけではないけれどもずっと痛みが続くときもあります。

いったい何が原因で偏頭痛はおきているのでしょうか?

偏頭痛なのでは?と自覚しだしたのは学生時代

偏頭痛を感じ始めたのは短大生の頃でした。18~19歳くらいだったと思います。

学校は敷地内に建物がいくつもあり、授業によっては建物から建物への移動時に建物の外に出て移動しなければなりませんでした。授業を受ける教室の中は夏はエアコンで涼しく、冬は暖かかったので、移動するときに外に出たときは室内との気温差はかなりありました。

最初はその気温差のあるところを何度も行ったり来たりしていたので、それが原因なのではと思っていました。もしくは、エアコンのせいで頭痛が起こると思っていました

社会人になってからさらに悪化

社会人になってからも、エアコンのある環境で仕事をしていたので、頭が痛くなることは多々ありました。しかし、そんなに気温差のあるところを行ったり来たりしているわけではありません。

夜勤や早番、遅番のある仕事だったので、「不規則な生活が自律神経を乱し、拍車がかかったのでは?」と考えました。

気づけば生理の始まる何日か前に頭が痛くなる時もありました。あまりの痛みで吐き気がするときもありました。

テレビなどで低気圧や高気圧などの気圧の変化を感じで頭痛が起こる、という情報を知ってから、「そうなのでは?」と気にしたことがありました。確かに頭が痛くなった次の日は雨が降ったり、急に気温が下がったときなどにも痛みを感じていたかもしれません。

偏頭痛になってしまった時の対処法

吐き気がするほどの痛みを感じた時にはドラッグストアなどで簡単に手に入る頭痛薬や痛みどめを服薬しています。

効き目はたいていは効くのですが、なかには全然効かないときもあります。

辛いので我慢して寝ていることも少なくないです。そのうち治ってしまうことがほとんどなのと、昔から偏頭痛があるので、自分の体はそういうもの、そういう体質と思ってしまっていたかもしれません。

治療法や予防法

特に医師に相談したこともないので、治療していません。もしかしたら、一度医師に診てもらったほうがいいのかもしれません。そこまで重要視したことがありませんでした。

身内に看護師がいるので、その方に相談したこともあるのですが、「対処法はなにがいいという明確なものはわからない」と話をしていたときがありました。

予防法もとくになにかしているわけでもなく、ただ頭が痛くなり始めたら、ひどくなる前に薬を飲んでいるくらいです。いつも薬は持ち歩いています。外出中に頭痛になる事も多いからです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ