更年期に偏頭痛が!女性ホルモンの分泌量の変化に関係があった?

女性に多い偏頭痛は、ホルモンバランスの崩れかもしれません。

更年期の女性ホルモンと偏頭痛の関係についてお話しします。

偏頭痛が起こるメカニズム

女性ホルモンの分泌量の変化やストレスなどで、血液中にセロトニン(血小板から出される脳内物質)が放出されることがあり脳の血管が収縮します。

セロトニンが出た反動で脳の血管が急激に拡張します。この拡張が脳の血管壁に負担をかけ炎症を起こします。

脳の血管が拡張・炎症を起こすと、周囲を取り囲む三叉神経が圧迫され、痛みを引き起こす物質が分泌され偏頭痛が起こります。

更年期の女性ホルモンの変化

更年期には加齢にともなう卵巣機能の低下により、女性ホルモンとして知られるエストロゲンの卵巣から分泌される量が低下し、自律神経失調を症引き起こします。

更年期障害は、卵巣機能がまだ変動している時期にみられるもので、一定の時期が過ぎて卵巣機能が完全に低下し、全身の状態がホルモンの変化に慣れてくれば、自然に良くなると考えられています。

更年期障害の症状

更年期障害の症状は、自律神経失調症状、精神症状、その他の症状にわけられます。自律神経失調症状のなかには、偏頭痛、めまい、耳鳴り、動悸などがふくまれます。

エストロゲンが減少する更年期や閉経以降は理由もなく気持ちがいらだつ、不安な気持ちになる、不眠に悩む、集中力の低下などの症状が起こりがちです。不眠のため、偏頭痛を起こすこともしばしばみられます。

更年期のリラックス法と食事療法

タバコ、アルコール、カフェインは偏頭痛の誘因になります。タバコやアルコール類を飲む人は、量を減らすよう、こころがけましょう。カフェインの多いコーヒーや紅茶を飲み過ぎないようにしましょう。

動物性脂肪などを摂り過ぎないなど、食事面の注意も怠らないことが予防になります。

自分でできる自律神経のコントロール法をマスターしましょう。ヨガやストレッチ、楽しみに没頭するなど自分なりに楽しく気分転換しましょう。

治療

HRT(ホルモン補充療法)は、更年期障害の治療で、更年期という老化現象を人工的に女性ホルモンを補うことで一時的にストップさせる、または遅らせる療法です。

内服薬がほとんどで、周期性投与法・持続併用投与方・エストリオール単独投与法の3方法のうち、その人の状態に合わせて薬を投与します。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ