偏頭痛の薬は副作用が怖い!漢方薬が偏頭痛に効くってホント?

偏頭痛持ちの女性の方は少なくないと思います。仕事をしていても家庭にいても、いつ偏頭痛が起るかもしれないと思い憂鬱な毎日を過ごすことになります。

頭の片隅に小さな痛みのしこりのようなものができると、いつの間にかどんどんと広がって来ます。

小さい痛みで終われば幸いですが、嘔吐するような偏頭痛になる事もありましょう。そんな時は仕事も家事も手に着かなくなります。

偏頭痛に効く薬はあるが…

偏頭痛は病気であるようで、ないようで複雑な痛みです。人に話しても余り本気で取り合ってくれません。

本人もそのうち治るだろうと高をくくっているのですが、体調の変異で偏頭痛が慢性化、重症化することがあります。

偏頭痛持ちは沢山いますから、市販薬が沢山出ています。しかし何か怖い気がしますよね。

その薬を飲んで、しばらくしたら偏頭痛が嘘のように消えてしまって、気分爽快になったということも聞きます。

偏頭痛が治るのはいいですが、急に治るのは何かとても不安です。副作用が出るのではないかと心配になります。

月に何回も偏頭痛が起きますから、その度によく効く薬を常備薬としていて大丈夫だろうかと思いませんか?

ある漢方薬との出会い

薬との出会いにはたまたまとか偶然とか言う言葉をよく聞きます。好きな人との出会いと同じようなことでしょう。

ある女性は、通勤のルートにある漢方薬局の窓に貼り紙されていたポスターに魅かれて、たまたまその店に入りました。

店主は年配の女性で、此の地に開業して30年の歴史のある漢方薬局でした。店主に勧められて1ビン2000円の液体の漢方薬を飲み始めました。

ちょっと偏頭痛の気配を感じたら、小さなカップの半分程度飲みました。1日3回です。

すると偏頭痛は全て軽く治まるようになりました。

体温を上げる漢方薬

偏頭痛の原因の一つは抵抗力が弱っていること、言いかえればその人の体温が下がっていることにあります。

体温の低下は人の免疫力を弱めます。逆に体温が高くなれば免疫力は大幅に上昇します。

漢方薬には体温を上げる効果のあるものがあります。漢方薬を飲むことで、体温が上がり、偏頭痛を引き起こす原因の体温低下を防ぎます。

漢方薬は西洋医学に劣ることは何らありません。体の仕組みに合った漢方薬を用いれれば、安心して健康維持が出来ます。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ