季節の変わり目に起こる偏頭痛へのすぐ出来る対策は? 32歳 S.A.さん

偏頭痛はとても憂鬱です。どんなに痛くても、辛くても、外からは分からず、不機嫌な人扱いになるし、やらねばならないことは待ってくれません。

完全に解放されることは諦めてなるべく、穏やかにこの痛みと付き合っていけるように工夫したり、周囲に理解して欲しいと思っています。

しかし、自分の痛みだけに注目するのではなく周囲の空気を読むのも大切だと思います。

気が付いたら祖母と同じ偏頭痛持ちに

何時ごろから偏頭痛を患うようになったのかはよく分かりません。でも、おそらく、社会人になってからです。

春や秋の季節の移り目になると頭がズキズキと痛み、憂鬱な数日間が訪れます。最初は、忙しくて疲れているせいかな?と思っていましたが、気が付けば毎年のことになっていました。

そういえば、父方の祖母もこんな感じだったなと思いました。祖母は春や秋になると少し気難しくなり、イライラしたり、口が乱暴になったりして怖かったです。「そうか、祖母も大変だったんだな」と思うのと同時に、「自分も身体の辛さを理由に誰かに不快なことをしたり、八つ当たりをしたりしていないか?」と不安になりました。

偏頭痛になるのは?

偏頭痛に襲われるのは季節の変わり目です。だいたい、3月と9月です。ようやく寒さや暑さから解放されたと思った頃、頭の片方がズキズキと痛くなります。動くとさらに気分が悪くなります。

朝から夜寝るまで痛くて辛いです。仕事や家事がとても億劫になりますが、仕事に集中すれば痛みを忘れることができるので、なるべく仕事に集中しようとします。でも、なるべく残業はしないようにしています。

家事は逆に最低限にします。夫も偏頭痛持ちで、労わり合えればいいのですが、気が付くとどちらがより辛いかという不毛な会話になってしまいます。

偏頭痛の対策は?

偏頭痛になった時は我慢せずに薬を飲むようにしています。けれども一週間以上毎日飲んでいるとこれでいいのかな?と少し不安になってきます。

気休めですが、鎮痛作用のあるカモミールティーをよく飲むようにもしています。プラシーボ効果かもしれませんが、リラックスできて、痛みも少し紛れるような気もします。同じく、コーヒーも痛みが紛れるような気がします。

あとは適度な睡眠をとって、バランスの良い食事を心がけ、締め付けるような服や下着は避けて、健康な生活を心がけて過ごします。あまり痛い痛いとさぼったり、寝込んだりしないようにしています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ