つらい偏頭痛を治したい!少しでも毎日の生活を良くする為に出来る事とは?

普段の生活の中で、突然襲ってくる頭の痛みそれも血管がドクンドクンと頭が壊れてしまうのではないかと不安になってきます。これは、偏頭痛というものです。

男性よりも、女性に多く現れやすい病症です。そんな状況でも忙しくて、横になる事もままならず買い薬を飲んでその場をしのいでいるなんて方も多いのではないでしょうか?買い薬の服用を繰り返す事で、症状が重症化する事もあります。気をつけなければいけませんよね。

毎日の生活を、少しでも気持ちよく過ごせる為に対処法などをご紹介させて頂きます。

なぜこんなに頭が痛くなるの?悪い病気なのか!

風邪などで頭が痛くなった時のように、原因がはっきりと分かっている時には、何も心配する事も無くその原因をなくす事を考え、対応する事も出来て安心できます。

しかし、突然とんでもなく激しい痛みが襲ってくる偏頭痛は、これとは違い病気が原因で発症するものではないのです。ですから、病院へすぐに行く事もしないで、その場しのぎで買い薬をして対応をするという状態になりやすいのです。

頭痛には三つの種類がある?症状にも違いがあった!

頭痛と言っても、症状の出方などによって三つの種類に分ける事が出来ます。ここでは、その説明をさせて頂きます。

偏頭痛とはどんな病症?

慢性的に続く頭痛になります。頭の片方だけの時もあれば、頭の両方から頭全体にまで、ズキンズキンと血管がドクンドクンと激しい痛みがあります。この痛みの感じ方も、痛いところも人によって個人差があります。症状がひどい人の時には、痛みで動く事も難しくなります。

また、普段はなんでもない光や音そして、臭いにも過敏になるので嘔吐を繰り返す事もあります。仕事はもちろん、家事なども困難になり寝込んでしまう人もいます。

偏頭痛の原因は、脳の中にある血管が部分的に広がって炎症を起こす事により様々な症状を起こしています。炎症を起こす原因は幾つかあります。代表的な二つの説をご紹介させて頂きます。

炎症の原因になる血管説とは?

頭の中の血管が部分的に大きく広がる事で頭痛が始まると考えられています。血小板からセロトニンが出る事で脳の血管が収縮します。その後時間が過ぎると、セロトニンが分解されると共に少なくなる事で収縮した血管が今度は、急激に部分的に大きく広がる事で痛みが生じます。

炎症の原因に三叉神経が関係?

三叉神経が刺激を受ける事で、カルシトニン遺伝子関連ペプチドというペプチドが分泌されます。その影響を受けて血管は大きく広がり偏頭痛が起こります。

緊張型頭痛とはどんな病症?

首周りの筋肉や、頭の筋肉が固まる事で発症するので、年齢や性別に関係なく、だれでも発症する事が考えられています。偏頭痛に似た痛みがありますが症状は、生活する事に支障が出るほどの事では無いです

痛みの出方は二つのタイプによって違いがあります。

  • 反復性緊張型頭痛は、時期をあけて時々痛む事があります。
  • 慢性緊張型頭痛は、常に毎日痛みが続きます。

原因としては

  • 一つは、身体的なストレスがあります。同じ姿勢を続ける事で、血行が悪くなり身体が緊張してストレスがたまった状態になります。首や肩が血行不良になっています。
  • 二つ目は、精神的ストレスです。仕事や、人間関係の不安などを持った状態が精神的ストレスを生じる事で、身体の筋肉までも緊張させてしまいます。

群発頭痛とはどんな病症?

これは、20代から40代の男性に多く見られます。いつ起こるか分からない頭痛で一定の時期に集中して発症します。痛みは、毎回決まって片方のみでとんでもない激痛が毎日、決まった時間に出て、期間は1から2か月間くらい続きます。

また偏頭痛が始まった!この時どうしたらいいの?

突然頭が痛くなるのが偏頭痛です。病院へ行く時間もない、そんな時に出来る事を考えましょう。

一番効果があるのは薬を飲む事です。

簡単に出来て、効果が望めるこ事は薬を飲む事です。症状が軽い時などは、薬局にもあるアセトアミノフェンやイブプロフェンや非ステロイド抗炎症薬などでも効果はあります。どれを選んだら良いのか分からない時には、薬剤師さんに相談しましょう。

薬の効果は、人により違います。あくまでも、軽症の時などの処置になります。これで完治する効果を望むことは難しいです。一時的に、痛みが治まってもまたぶり返す状況になります。その結果、「脳過敏症候群」になってしまう事も分かってきています。ですから、出来るだけ早いうちに病院へ行かれる事をお薦めします。

血管が大きく広がっているので、戻しましょう。

急に痛みが始まった時にはまず、ズキズキと痛むこめかみや、首の後ろを冷たいタオルなどをあてて冷やします。偏頭痛の原因は血管が部分的に大きく広がる状態から来るものなので、血管を冷やして出来るだけ戻す事で痛みも和らいでいきます。

偏頭痛を予防する事は出来ないの?薬の他で!

偏頭痛が始まった時に薬を飲む事で状態が良くなるのは助かるが、偏頭痛がくり返さないように出来ればとてもうれしいです。それも薬ではなく、出来る物がないか考えてみましょう。

フィーバーフューとは何でしょうか?

ハーブの仲間になります。血液の流れを良くする働きがある為、昔から偏頭痛に悩んでいる人に重宝にされていました。無作為比較対象試験もされていて効果も認められています。

飲み方は、ハーブティーとして飲まれるのが簡単です。ハーブなので大きな副作用は無いのですが、子宮収縮させる働きがあるので妊娠中の方は服用しない方が良いでしょう。

偏頭痛を予防する!普段の生活で出来る事は何?

偏頭痛は、血管が突然大きく広がる事でおこります。ですから、突然血管が大きく広がらない様に普段の生活で予防出来る事をご紹介します。

疲労やストレスを避ける事!

常に仕事を沢山抱えた状態で疲れが溜まっている、ストレスが溜まっている状態が続く事で血管が緊張して、収縮をします。その状態が続いている間に、ふっと緊張が途切れた時などに血管が大きく広がり、偏頭痛を誘発する事があるからです。

そんなに簡単な「頭痛体操」で?頭痛を予防出来ます!

日本頭痛学会が「頭痛体操」という体操を紹介しています。特に効果があるのは偏頭痛になりますが、緊張型頭痛にも効果があります。また、デスクワークから来る肩こりなどにも効果があります。

首の筋肉を柔らかくします

手順

  • まず、正面を向いて頭を動かさないようにします。
  • つぎに、首を軸にして肩を回転さます。

この運動で、頭と首を支えてるインナーマッスルが伸ばされて、首の筋肉の柔軟性を高める事で頭痛も和らぎます。これは、座ったままでも出来るので場所もとらずに出来ます。

肩こりも防ぎます

手順

  • まず、肘を軽く曲げます。
  • つぎに、肩を基点に、両腕をぐるぐると回します。

後ろから前に、その後前から後ろに大きく回します。これで、僧帽筋が柔らかくなり肩こりも防げます。

偏頭痛の最中や、激しい頭痛の時にはしないで下さい。体操の最中に頭痛が悪化するような時にも中止して下さい。脳出血などの大きな病気の時もあるので、すぐに病院で受診する事をお薦めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか、偏頭痛と仲良くお付き合いしていけるように、普段の生活の中でも少しでも良い方向へ持っていける様になればと、簡単に出来る事を含めてご案内をさせて頂きました。

無理をせずに、焦らずに頑張って下さい。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ