猛烈な痛さ…偏頭痛はどう対処すればいいの? 25歳 N.Y.さん

こめかみがわれるような痛み、頭の中がズンズン鳴るような痛み…偏頭痛は普通の頭痛よりも格段に痛い気がします。

それはテンションが下がって喋るのも億劫になるような痛さで、仕事に支障がでるくらいの痛みです。ではその偏頭痛のメカニズムと対処法を紹介します。

有力なのは血管拡張説

偏頭痛が起こるメカニズムいったん収縮した血管が、元に太さに戻る際(拡張する際)に起こると言われています。

タイミングとしてはそれぞれですが、私は梅雨の時期や低気圧の日に多く偏頭痛が起こります。更に何か重要な仕事を終えてリラックスしようかな、と思っているところに偏頭痛が襲ってくることもあります。頻度も月1、2回という人と、週に1、2回とさまざま。継続時間も数十分で終わる人もいれば、何日間か続く人もいます。

鎮痛剤が効かない

偏頭痛で1番厄介なのが市販の鎮痛剤が効かないことです。それが普通の頭痛とは違うところです。

病院に相談すれば偏頭痛用の痛み止めを出してもらえるので、どうしても治まらない人は行ってみても良いかも知れません。その見極めは何回経験しても難しく、重く響くような痛みは偏頭痛かなと言った予想が当たったり外れたりします。

痛さの他に光がいつもより眩しく感じる、視界の中にキラキラしたものが浮かんで見えたら偏頭痛の前兆です。普通なら鎮痛剤を飲めば治まるのですが、偏頭痛はそれが効かないので冷やすなどの薬以外の対処が必要です。むやみやたらに鎮痛剤を飲んでも効きませんので偏頭痛持ちの人は薬は飲まずに、まず対処法を試してみると良いでしょう。

対処法と予防策は?

基本的なことですが安静に出来る環境ならそうしておいた方が1番です。しかしそうではない場合もありますよね。拡張した血管を収縮させれば良いので偏頭痛の時、私はこめかみをシートで冷やしたりカフェインを摂取したりしています。

実は他にも偏頭痛は予防することが出来て、病院に相談すれば薬を処方してもらえます。私も飲んだことがありますが前兆が起こってから飲むようじゃ遅いので、雨の日の朝に痛くなくても飲まなければなりません。かといって雨の日に必ずしも偏頭痛が起きるわけでもなく、逆に言えば晴れていても偏頭痛にはなってしまうのです。

その見極めが難しい私は偏頭痛が起きてから対処する方にしましたが、必ずと言う前兆がある人には予防策になるかも知れません。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ