緊張型頭痛が起こる原因や症状とその予防解消方法は?

日本人で頭痛に悩んでいる人に一番多いタイプの頭痛が、緊張型頭痛です。

日常のちょっとしたことが原因で誰にでも起こりうる病気でもあります。その緊張型頭痛についてご紹介します。

原因は何か

緊張型頭痛は、身体的ストレスと精神的ストレスがいくつも積み重なって起こる病気です。近年ではパソコンを使う時間が長くなったことにより、前かがみの姿勢の人が増えています。

そうした姿勢の悪さにより、肩や首の血行が悪くなったり、パソコンやスマートフォンによる目の疲れが原因で頭痛が起きている場合もあります。

運動不足も頭痛を招く原因です。また、精神的な問題も頭痛の原因になり、職場や家事、育児などによる過度な精神的ストレスも原因となります。多くの場合はこういったストレスが何重にも重なって起こっていることがほとんどです。

症状と診断

緊張型頭痛は、頭全体が締め付けられるように痛むのが特徴です。首筋や後頭部が鈍く痛む場合もあります。また、頭痛とともに肩や首筋の凝りも一緒に感じる場合も多いです。

緊張型頭痛には時々起こる反復性のものと、ほぼ毎日のように起こる慢性のものがあり、それぞれに合った治療が必要となります。

治療方法

反復性の頭痛の場合は、頭痛が起こった時に鎮痛剤を服用することで効果があります。また、運動をしたりマッサージで凝りをほぐしたりして血行をよくすることを心がけましょう。

それだけで自然と解消していくため、特別な治療は必要ありません。

一方慢性の場合は、鎮痛剤を飲んでもあまり効果が得られません。根本治療を行う必要があるので、精神的な問題を相談したり、精神科へ行ったり、凝りを解消するための処置をとってもらうなどの方法が必要となります。

また、普段から症状がひどくならないように運動をしたり、リラックス方法を探すなど、頭痛が起こらないようにする生活に改善していく必要があります。

予防する方法は

緊張型頭痛を予防する方法は、心身のストレスを適度に解消する方法を自分なりに見つけておくことです。パソコン作業が長い人は1時間に1回、首を回したり肩を回したりして少しでも体を動かしましょう。

同じ姿勢で長時間いることは緊張型頭痛を起こす原因となってしまいます。

それから時間を作って適度に運動をしたり、ゆっくりとお風呂に浸かって血行をよくしたりして、1日の中でのんびり、ゆったりとした時間を30分でもいいのでとるようにしましょう。それが1番の予防する方法でもあります。

緊張型頭痛は癖になると日常生活に支障をきたしてしまうこともあるので、予防法を実践して慢性化しないようにしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ