順番を間違えてはいけない!ストレス性偏頭痛への正しい対策とは?

近年、ますますストレスによる偏頭痛に悩まされる人が増えています。しかし一口に「ストレス」といってもその内容は人によって様々で、一体何が原因なのかがわからないまま薬に頼りきりになっている人も多いのではないでしょうか?

今回はそういった人のために、ストレスが原因となって起こる頭痛に対する正しいアプローチについて紹介しますが、多くの人は本当に基本的なところを軽視してしまっているのが現状なのです。

実はよくわかっていない?ストレスと偏頭痛の関係

ストレスの原因は人それぞれ

普段偏頭痛に悩まされることのない人でも、何となく日頃のストレスが原因で頭痛が引き起こされるということを知っているでしょう。

誰でも仕事の悩みや人間関係の悩み、そして将来への不安…そういった要素が積み重なって頭痛が起こってしまうことがあります。しかし多くの場合、具体的にどんな出来事が原因となって頭痛に結びついたのかは分からないものです。

特に偏頭痛持ちの場合、頭痛を引き起こすストレスの原因がはっきりしないこと自体がストレスになってしまうケースさえあります。

ですから、必要以上に思い悩まないことを心がけながら自分なりに対処法を考え出す必要があるでしょう。医学的にも何が偏頭痛の原因となるのか詳しいところまではわかっていないのです。ストレスが頭痛を招くメカニズムはわかっても、何が実際に頭痛を引き起こしやすいストレスに当たるのかを解明するのは極めて困難です。

偏頭痛の本当の原因は何?

まして人によってストレスを感じる場面というのは違うものでしょう。そのため自分でも本当の原因を突き止めるのは難しいわけですが、気をつけなければいけないのが本当は精神的なストレス以外の原因があるのに、勝手に自分でストレスが原因だと思い込んでしまうことです。

たとえば、頭痛を引き起こす原因として肩こりなどの身体的原因や睡眠不足などが引き金となることはよくあります。人によっては花粉症の症状のひとつとして頭痛が引き起こされることもあるのです。

そういったストレス以外の要因を無視して何でもストレスだと決め付けてしまうと、実際ストレス性の偏頭痛に見舞われたときに、適切な判断ができなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

みんな忘れてる?まずは規則正しい生活から!

基本的な生活習慣を見直そう

不摂生な生活習慣によって様々な病気や症状が引き起こされることは多くの人が知っていることでしょう。本当に頭痛を緩和したいと思うのならば、まずは何よりも生活習慣を改めることが必要です。

それなしに偏頭痛を引き起こすストレスについて原因を突き止めることはできませんし、単純に規則正しい生活にすることで頭痛の頻度を下げることができるならば、何も問題はないはずです。

偏頭痛に悩む多くの人はこういった本当に基本的なところを軽視してしまっているのです。その結果、何が頭痛の原因なのかが分からずに、常に対処療法的に薬に頼ってしまっているわけです。

特に睡眠不足は頭痛の大きな原因となりますから、普段から不規則な生活を送っている人は、まずは生活リズムを整えましょう。科学的なアプローチと同様に、頭痛の原因となりやすい他の要因を取り除いてから、本丸であるストレスについて突き止めていく必要があります。

頭痛を引き起こしやすい生活習慣は?

具体的に問題となる生活習慣を挙げてみると

    <頭痛の原因となりやすい生活習慣>

  • 慢性的な睡眠不足
  • 慢性的な運動不足
  • 暴飲・暴食を繰り返している
  • アルコールの過剰摂取
  • パソコン(インターネット)・テレビなどの長時間の視聴

こういったことは頭痛以外にも様々な疾患の原因となることで知られていますが、多くの人は「わかってはいるけれど、なかなか止められない」というケースが多いでしょう。

しかしこのような習慣を解消することによって、それが生来的な偏頭痛なのか単純に生活の乱れからくるものなのかがはっきりしてきます。まずは自分の日頃の生活を振り返り、不摂生や不養生をしていないか確認しましょう。

「記録」こそ最強?ストレスの原因を突き止める

「偏頭痛日誌」のススメ

自分の生活を振り返って慢性的な頭痛の原因がないか確認したら、自分なりに「偏頭痛日誌」をつけてみましょう。つまり具体的にどんな出来事があったときに頭痛に見舞われたのか?それはどんなシチュエーションだったのか?といったことをなるべく詳細に記録しておくのです。

何か月かそういった日誌をつけてみて、そこに何らかの「パターン」がないか自分なりに分析してみましょう。厳密に何がストレスになって偏頭痛を引き起こしているのかは人によって違いますから、巷の情報を鵜呑みにせずに自分なりの原因を見つける必要があります。

同時にその頭痛が治ったり、緩和したときの状況も記録しておくとよいでしょう。それが精神的なストレスで引き起こされた偏頭痛ならば解決の糸口になる可能性があるからです。

イライラするのはどんなとき?

特にストレス性の偏頭痛は自分自身のメンタルの問題と密接に繋がっていますから、あなたがイライラしていたり、心理的に圧迫されるような状態が続くと偏頭痛が起こりやすくなります。

ですから、日誌には出来事を機械的に記録しておくだけではなく、そのとき「どんな気持ちだったか?」「どういう感情が湧き上がってきたのか?」といった自分自身の感情にフォーカスして記録しておくとよいでしょう

自分がどういう感情をもったときに頭痛が起こるのかがわかれば、そういった感情の引き金となる出来事を積極的に回避したり、出来事に対する意味づけを自分のなかで変えていくといった心理的なアプローチをとることもできます。

メディアにご用心?「情報」をコントロールする

ネガティブな情報に注意しよう

これまで偏頭痛の原因となるストレスは人によって違うと説明してきましたが、私たちが普段外部から受け取っている「情報」にも気を配る必要があります。なぜならば、そういった情報の中には私たちのメンタルに影響を与えてしまうものがあり、それが頭痛の種になることもあるからです。

現代社会は様々なメディア媒体で溢れていますが、テレビやインターネットで流布されている情報は、ポジティブなものよりもネガティブな情報の方が圧倒的に多いのです。そして前者よりも後者の方が人の注意を惹いてしまうことがわかっています。

私たちは意識的に受信する情報を選別しなければ、どんどん周囲からネガティブな情報を受け取ってしまいます。それがメンタルに悪影響を与えた結果、偏頭痛の原因となる可能性があるわけです。

メディア・コントロールも重要

このように、自分からイライラしたり不安になったりする情報を積極的に取り入れてストレスを溜め込んだ結果、それが偏頭痛の引き金となっているケースは意外なほど多くあります。

「病は気から」と言いますが、特にストレスで頭痛になりやすい人はメンタルの状態が身体に影響しやすいですから、普段何気なく触れているメディアから受け取る情報にも留意しなくてはいけません。特にテレビやネットで流れている情報を見て不快になりやすい人は注意が必要です。

自分にとっての最適は?ストレス解消法を確立する

積極的に趣味を持とう

これまで偏頭痛の原因となるストレスの原因を自分なりに突き止めることが重要だと説明してきましたが、どんな人間でも完全にそういったストレスから逃れることはできません。当たり前のことですが、ストレスの原因がわかっても取り除けるものとそうでないものがあります。

ですから、自分の中に溜まったストレスを効果的に発散する方法をもっておくことが重要な対策となります。最も効果的なのは自分が心から楽しめる趣味をもつことです。

特にスポーツなど身体を動かす趣味はメンタルにもよい影響を与えますし、生活リズムを整えることにも寄与しますから積極的に趣味をもつようにしましょう。身体を動かすことが苦手という人も、夢中になれることを見つけてください。遠回りなようですが、それが偏頭痛対策としても有効なのです。

メリハリのある生活こそ鍵!

そして趣味に限らず、適度に心と身体を休ませることが必要となります。常に緊張を強いられているような生活や逆に一日中だらだらと過ごすような日々が続くと、精神が不安定になり、それがストレスとなってしまいます。

ですから適度に緊張と緩和を繰り返すようなメリハリのある生活をしましょう。そのためには適度に運動をして規則正しい生活を送ることが肝要です。結局はここに繋がってくるのです。

適度に働いて休日はしっかりと休むことを心がけましょう。何事もバランスが重要であり、それが崩れることによって偏頭痛が引き起こされるわけですから、常識的な生活をすることこそがストレス解消の秘訣なのです。

まとめ

ストレス性の偏頭痛は安易に原因を突き止めるよりも、まず生活習慣を見直すなど基本的なところから始めるのがよいでしょう。多くの場合、悪い習慣を改めるだけで頭痛の頻度は大幅に少なくなるからです。そうやって基本的なところを押さえた上で、自分なりの原因を探していく必要があります。

特に自分なりにどういった状況で頭痛になったのか、そのときどういう心の状態だったのかを記録しておくことが重要です。そのうえで、どうすればストレスを緩和することができるのかを考えるのです。

同時に日頃自分が受け取っている情報の質にも留意しつつ、自分なりのストレス解消法を確立させましょう。ストレスの原因は人によって違うのですから、しっかりと自分自身の分析をすることが肝要なのです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ