偏頭痛は薬だけでは治らない!元の原因から改善 22歳 W.R.さん

偏頭痛がはじまったのはの、約7年前の15歳の頃のことでした。

それまでは頭痛はほとんどといっていいほど起きたことがなく、風邪を引いたときに少し頭が痛くなる程度で頭痛だけで病院に行ったり、痛み止めを飲むほどではなかったので、何不自由なく生活できていました。

偏頭痛がおきる状況

私の偏頭痛のおきる状況はいくつかあります。

偏頭痛がはじまったころはソフトテニス部に所属していたのですが、激しい運動を終え、家に帰り、ゆっくりしているときなどのリラックスタイムにキリキリと痛みだします。

最近はパソコンを使い仕事をしているせいか肩こりが酷く、肩こりや首こりを治療する時間がないため、放っておいてしまうと頭まで凝り固まってしまい、偏頭痛がおきます。

また、もともと冷え性のせいか血流が悪く、頭痛が起きることもありました。

偏頭痛のときの対処法

偏頭痛のときの対処法は、もしも頭痛が始まってしまった場合は、早めに頭痛薬を飲み、横になってゆっくりと休みます。なるべく携帯電話はみないようにするため、電源は切っておきます。

また、夏場なんかは特に、エアコンの使いすぎによる偏頭痛もよくありますので、部屋を冷やしすぎないように、一定温度に保つことや防寒着で首まわりを冷やさないようにすらゆとが大切です。

偏頭痛の予防策

偏頭痛の予防策は、第一にストレスを溜めないことです。ストレスは本当にさまざまな病気に大敵ですし、ストレスで筋肉が異常に緊張して肩コリとなり、やがて頭痛へと発展していってしまうこともあります。

二つ目は規則正しい生活のリズムと食生活です。生活リズムを一定にたもち、自律神経のバランスが乱れないようにします。自律神経のバランスが崩れると、頭痛もひどくなりますし、肩凝りも酷くなり食欲がなくなったりといいことは一つもありません。

また偏頭痛もちのかたはワインやチーズなどは最高の組み合わせですが、偏頭痛を悪化させてしまうのでそちらは食べ過ぎないように心がけたりしていくことが大切です。。

治療方法について

私の偏頭痛の治療方法は、まず大元の原因であるストレートネックの治療からはじめました。

定期的に整形外科へ行き、コリや疲れがたまらないようにしっかりとほぐしてもらい、自分でも肩回しと首回しを積極的に行うように心がけました。

なかでも首こり治療として行った低周波の電気での治療が効果的でした。整形外科で肩や首すじなど凝っている箇所に吸盤のようなものを張ってもらい、微弱の電流を流していく治療方法です。

これらの治療方法にプラスして、普段の姿勢を改善していくことやデスクワークの最中もこまめに首回しをしたり休息をとりました。こうしていくうちに首すじのコリがなくなり、偏頭痛に悩まされる時間が格段に減ったと感じています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ