緊張型頭痛の症状に悩まれる方へ、原因と対処法は?

頭痛を持病としている人の多くの人にあてはまるのが、緊張型頭痛です。主な原因は、目の疲れなどからくる肩こりや、ストレスから首や肩が張ってしまうことが原因であることが知られています。今回は具体的な症状と対策について触れたいと思います。

緊張型頭痛の症状とは

緊張型頭痛の症状は、多くの場合頭の後頭部が鈍く痛みます。どこか一か所が痛いというよりは、全体的に鈍く痛むような症状で、頭全体に何か重いものをかぶっているような感覚になることもあります。

頭痛を感じる前に目の疲れや首の張りを感じたり、それに伴う肩の痛みを感じたりすることも多くあります。

緊張型頭痛の原因とストレートネック

緊張型頭痛の原因は、ストレスによる不安が原因で睡眠不足などに陥る心理的な原因と、パソコンやスマホなど常にコンピューターを見続けている現代の環境からくる目の疲れ、姿勢の悪さからくる首の凝りと肩こりがあると考えられます。

コンピューターを見ることが増えたことにより、前かがみの姿勢が増えたことから、首の骨がまっすぐになってしまうというストレートネックという症状が現れる人が増え、それが首凝りや肩こりにそのまま影響する場合も多くあります。

緊張型頭痛の対処

頭痛が起きそうになる前兆を感じた場合は、鎮痛剤を服用するのが一番いい方法です。ただし、薬の量や回数はきちんと医師と相談し、決めておく必要があります。

それは、鎮痛剤を慢性的に繰り返し使用することによって、かえって頭痛が誘発される症状(薬物乱用頭痛)という症状に陥る可能性があり、正しい薬の使い方が必要となってきます。別の対処法としては、首や肩の血行を促す体操を行うことも効果的です。

現代病であるストレートネックの改善方法として、首の後ろに細く丸めたバスタオルを置いて、仰向けに寝転がる、これを10分~15分できるときに続けていくだけでも効果があるそうです。首の曲がりを本来の向きに自然と戻していくための方法で、肩こりの改善にも効果が期待できます。

緊張型頭痛は、発症すると数時間~場合によっては1週間ほど症状が続くこともあるつらい症状です。適度に薬の力を借りることも必要です。その中で、体調のいい時から少しずつ凝りの改善やストレスの解消に取り組むことが大切です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ