緊張型頭痛のメカニズムとは?予防法も合わせて紹介!

頭痛のおよそ7割を占め、慢性頭痛の代表ともされている「緊張型頭痛」ですが、その症状に困っている方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、そのメカニズムや対処方法に焦点を当てて説明していきたいと思います。

緊張型頭痛の特徴と症状について

緊張型頭痛は、頭の後ろやこめかみ、額などを中心に締め付けられるような痛みや頭が重い感じがと始まり、だらだらと続くのが特徴です。

また、眼精疲労や肩・首の強いこり、めまい、ふらつき、全身のだるさなどの症状も現れることがあります。子どもから高齢の方までどの年齢でもみられ、ときどき痛みがするタイプと毎日のように痛みが生じるタイプがあります。

痛みは、午後~夕方にかけて重症化することが多いですが、家事や仕事などはなんとかできる場合が多いです。また、体を動かすと痛みが軽減するケースが多いです。

緊張型頭痛の原因は?ストレスに注意!

緊張型頭痛は、身体的ストレスと精神的ストレスが溜まることによって発症するとされています。身体的ストレスとは、長時間のパソコン操作や、俯き姿勢、合わない枕での睡眠、車などの運転等、不自然な姿勢を続けることが該当します。また、体の冷えも身体的ストレスにあたります。

それらのような状態が続くと、肩~首にかけての筋肉の緊張が高まります。筋肉に緊張が高まると、血行が悪くなり、筋肉内に老廃物が溜まってしまいます。その老廃物が周りの神経を刺激することで締め付けられるような痛みを招きます。

一方、家庭内でのトラブルや仕事が順調でないなどの精神的ストレスも、筋肉や神経の緊張を誘発し、頭痛の要因となります。

精神的な緊張が続くと、脳の痛みのコントロールが不可能となるため、筋肉の緊張が無くても頭痛が起こるようになるのです。

緊張型頭痛の対処方法と予防法について

ときどき緊張型頭痛が生じる場合は、適度に体を動かして筋肉を解したり、マッサージや入浴によって血行を促したりすると痛みに対して効果的です。

しかし、毎日のように緊張型頭痛が続く場合は、運動やマッサージ、鎮痛剤でもあまり効果はありません。精神的ストレスが要因となっている際には抗うつ剤や抗不安薬などが使用され、首や肩のこりが著明な場合は筋肉の緊張を弱める薬が使用されます。

薬は一時的なものであり、その時の症状を抑えるだけなので、日頃から筋肉の緊張を高めないよう、リラックス方法をみつけるなどして頭痛を予防することが大切
です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ