緊張型頭痛とはどのようなモノか?原因はストレスでその対策を紹介

現代人の多くは運動不足だったり、ストレスを慢性的に感じている人が多いので緊張型頭痛は日本においては20%から30%の有病率と言えます。

そんな緊張型頭痛はどのような頭痛かとその症状について、さらには原因と対策について紹介していきます。

緊張型頭痛とは何かとその症状の特長

緊張型頭痛は機能性頭痛の1つで最も多くみられる頭痛です。

緊張型頭痛が起こるメカニズムは首から肩や背中の筋肉、頭の筋肉が緊張し、筋肉の緊張すると血行が悪くなり筋肉中に乳酸、ピルビン酸といった老廃物がたまりやすくなります。それらが周囲の神経を刺激しすることで頭を締めつけるような痛みが生じると言えます。

症状は偏頭痛と比較して長く続き、頻度が高く毎日のように同じような症状が出てくるのが特長です。

緊張型頭痛の原因はストレス

緊張型頭痛の原因を一言で説明するならストレスです。身体的ストレス、精神的ストレスが複数重なり頭痛となって現れます。

身体的ストレスは長時間のデスクワーク、うつむき姿勢といった無理な姿勢を続ける、体の冷えも該当するので冬の方が頭痛による痛みは起こりやすくなります。あと運動不足も頭痛の原因です。

さらに仕事や人間関係といった精神的ストレスにより神経や筋肉が緊張し頭痛を誘因します。またストレス、不安によって睡眠不足になったり、心配事を抱えていると症状は悪化するケースがあります。

さらに結婚、就職、転職、進学といった環境の変化により酷くなることも少なくありません。

緊張型頭痛の対策と予防方法

実際に頭痛を感じている時は頭痛薬のアスピリンなどを飲んだり、ストレッチやマッサージなどをして体を動かすことで筋肉をほぐすと痛みが緩和します。

また体を動かせないくらい痛みを感じる時には入浴をして血行をよくするといった方法もあります。慢性的に頭痛を感じる場合は薬に頼るのではなく頭痛体操をしたり、ストレスの原因を取り除くことが重要となります。

緊張型頭痛予防としては、身体的なストレスの場合は定期的に休憩を取り体を動かすように心がけるといいでしょう。あと夏でもシャワーで済まさずに入浴をする、ウォーキングなどを日常的に行うことをお勧めします。

さらに精神的なストレスに対しては自分なりのストレス解消方法を身につけてストレスを溜めないようにしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ