風邪の頭痛と偏頭痛の違いは何か?

風邪をひいた時の症状のひとつに、頭痛があります。

風邪の頭痛と偏頭痛の違いはどこにあるのか、見てみましょう。

実は原因が同じ?

実は風邪からくる頭痛も、偏頭痛と同じようなものです。脈に合わせてズキズキしたり、ガンガンしたりしますね。これは風邪の影響で血管が拡張したことによって起こる痛みです。

違いといえばウイルスに感染しているか、熱やせき、鼻水など頭痛以外の症状があるかどうかでしょう。人によっては風邪によって引き起こされる偏頭痛と表現することもあります。このような場合は、やはり頭を冷やすと楽になります。

元々頭痛持ちの人だと起きやすくなりますが、そうじゃない人でも一過性で風邪による偏頭痛が起きてしまうこともあります。

「普通の頭痛と偏頭痛の違いはどこにあるのか?」という人もいます。まず、普通の頭痛という表現自体がちょっとおかしいですね。

頭痛には種類があり、慢性の偏頭痛や緊張性、群発性、そして病気や食べ物・飲み物の影響によって急激に痛くなってしまう頭痛があります。偏頭痛と呼ばなくても、脳内の血管が拡張して痛くなる頭痛もあり、その仕組みは全く変わらないこともあります。

頭痛に隠れている大きな病気は?

他の病気が隠れている頭痛と偏頭痛の違いはどこにあるのでしょうか?元々偏頭痛の人、もしくはまったく症状が無かった人でも、他の病気のせいで頭痛が起きてしまうことがあります。

頭痛が起きてしまう病気には蓄膿症のようなものもあれば、脳梗塞やくも膜下出血など命に関わる危険なものがあります。

  • 今まで感じた事のない痛み方
  • 急激に痛くなる
  • 頭痛以外にめまい、平衡感覚の乱れ、四肢のしびれ、言語障害などの症状がある
  • 休んでも冷やしても薬を飲んでも良くならない
  • 血圧に変化がある

このような場合、一刻を争います。

特に慢性頭痛持ちの人は痛みに鈍感になっており、辛い痛みがあってもいつものことと見過ごしてしまうこともあります。少しでもいつもと違う症状が起きたと思ったら、なるべく早く医師に診てもらうようにしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ