夜はよく寝よう!睡眠不足が原因の偏頭痛を引き起こさないために! 女性 37歳 K.K.さん

私は子どものころから偏頭痛に悩まされてきています。

その原因としてはさまざまではあると思いますが、決まって睡眠不足の翌日には症状が起きていました。

そのため普段から睡眠不足にならないように心がけてはいましたが、社会人になって睡眠不足にならざるを得ない状況になってしまいました。

つまり睡眠不足でも偏頭痛にならないような工夫が必要になったのです。

なぜ?定期的に起きてしまう偏頭痛について

私がいちばん最初に偏頭痛に悩まされたのは、5歳の時です。起床するタイミングが悪いと決まって偏頭痛が起き、起床するのに時間がかかるような状態になっていました。

当時はまだ子どもなので自分の偏頭痛の症状を親にはっきりと伝えられずに、起きなければひどく叱られるという日々が続きました。その後も小学生、中学生、高校生と睡眠時間が段々少なくなっていって睡眠不足になるたびに翌朝偏頭痛が起きました。

症状は定期的に起きるようになり、中学生頃からは生理痛もひどくなって鎮痛剤を服用することもあったので、偏頭痛が起きたときも同じように鎮痛剤を服用するようになりました。

毎日偏頭痛!睡眠不足が慢性化してしまった!

社会人になり、当時就職難でなかなか就職先が決まらなかった私は、仕方なく介護の仕事に就くようになりました。仕方なく、というのは自分が苦手としている徹夜と同じような夜勤があるのでできれば避けたかった業種だったのです。

就職してすぐに夜勤の仕事が始まり、翌朝は一睡もしないまま偏頭痛も発生してふらふらになった状態で車を運転して帰宅する状態でした。偏頭痛が仕事に影響を与えるのが嫌だったので、鎮痛剤を服用する機会が増えました。

勤務は過酷で日勤でも翌朝は早朝に出勤するため、ほぼ毎日のように睡眠不足になり偏頭痛が起きる状態になっていました。

症状が落ち着いた!転職後の症状について

介護の仕事は、偏頭痛だけでなく私の精神状態をも蝕みました。

心身ともに不調になった私は、就職から2年後に退職しました。その後1か月で他の業種に再就職しましたが、その職場は日勤のみだったので、特に睡眠不足にならずに済みました。

そのため偏頭痛の症状は感じにくくなりました。そして20代後半からは偏頭痛を感じることはほとんどなくなり、30歳になって出産した後も慢性的な睡眠不足にもかかわらず偏頭痛はほとんど起きなくなりました。

今は専業主婦でちょっと疲れたと思ったら横になって休める環境にあるので、症状は落ち着いているのだと思います。睡眠不足が原因の偏頭痛は、昼寝をする時間を確保するなどして生活に工夫をすれば落ち着いてくるのだと思っています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ