偏頭痛の正しい治し方は?お勧めの方法や薬についても解説!

「頭がズキズキと痛む」とか「頭が締め付けられるように痛い」といった経験は誰にでもあることでしょう。人によっては定期的に頭痛に見舞われたり、疲れが溜まっているときに頭痛が出るという場合もあります。

特に、いまだはっきりした原因がわかっていない偏頭痛に悩む人は年々増え続けています。そこで今回は、偏頭痛の治し方ということでお勧めの方法や効果のある薬について解説します。

偏頭痛?それとも緊張型?自分の頭痛の種類を知ろう!

頭痛を治すにあたってまず必要なことは、自分の頭痛がどういう種類のものかを知ることです。まずは頭痛の大まかな種類と特徴について、簡単に理解しておきましょう。

頭痛の種類を知る

偏頭痛という呼称は知っていても、具体的にどういう痛みを伴う頭痛なのかを知らない人は意外に多いです。適切な対策を立てるためにも、まずは自分の頭痛がどういう性質のものなのかを知ることが何より重要となります。

頭痛には大きく分けて緊張型頭痛と偏頭痛、そして群発頭痛と呼ばれるものがありますが、それぞれ痛みの種類や症状がそれぞれ違っています。大まかにその性質を分けると以下のようになります。なお、群発頭痛は少々特殊な頭痛ですので、本記事では特に取り扱いません。

    <頭痛の種類と痛みの性質>

  • 偏頭痛:頭部の側面やこめかみが「ズキズキ」と脈打つように痛くなる
  • 緊張型頭痛:頭部の両側や全体が締め付けられるように痛くなる
  • 群発頭痛:頭の片側が痛くなり、目の奥が激しく痛む場合がある

いくつかの性質を併せ持つこともある

実は偏頭痛と緊張型頭痛の垣根はそれほど高いわけではなく、両方の頭痛を併せ持っている人も少なくありません。そのため、今起こっているのがどちらの頭痛なのかを判断して、その都度できるだけ適切に対処をしていかなくてはなりません。

その都度医者にかかるのがベストな選択ではあるのですが、さすがに頭痛のたびに病院に行くことのできる人は稀です。そのため自分なりに見分ける方法を確立しておくことが重要となるわけですが、そのためには偏頭痛の特徴について詳しく知っておく必要があるのです。

偏頭痛の特徴は?まずは症状で判断する

続いて、本記事のテーマである偏頭痛の特徴についてです。しっかりと理解し、自分の頭痛が本当に偏頭痛かどうかを確認しましょう。

偏頭痛の特徴

偏頭痛の痛みの性質に関しては既に説明した通りですが、その症状に関してはいくつかの特徴があります。

    <偏頭痛の症状>

  • 前兆や予兆として視界にギラギラとした光が見えることがある
  • 眩しい光や騒音が不快になり、避けたいと思うようになる
  • 吐き気がともなう。痛みが長引く場合、実際に嘔吐することもある
  • 身体を動かすと症状が悪化しがちである。逆に安静にすると楽になる

一般的に、偏頭痛には以上のような特徴が見られます。逆に緊張型頭痛では予兆といえるものは特にありませんし、身体を動かして気分転換をすると楽になる場合もあります。

予兆・前兆について

偏頭痛には、その予兆として「閃輝暗点(せんきあんてん)」と呼ばれる視界にキラキラとした光が見える場合や、感覚が鈍くなるなどの症状が出るケースも報告されていますが、全ての偏頭痛持ちがこういった症状を感じるわけではありません。

むしろ頭痛の予兆や前兆を感じられる人はごく僅かであり、いつの間にか痛みに見舞われている人がほとんどでしょう。ですから、痛みが出てからいかに素早く適切な対処をするかが偏頭痛対策としては重要となります。

具体的な対応方法については後述しますが、そのためにまずは偏頭痛の原因について知っておかなくてはいけません。

実はよくわかっていない?偏頭痛の原因について

次に偏頭痛の原因について解説します。意外なことかもしれませんが、実はいまだはっきりとした原因がわかっていないのが偏頭痛なのです。

偏頭痛の原因

それでは偏頭痛の原因は具体的に何なのでしょうか?

ごく簡単にいえば、偏頭痛は頭部の血管が膨張することによって周囲の神経を圧迫し、それによって炎症が起きて痛みが生じるものであるといえます。

しかし、実はこの「頭部の血管が膨張する」理由については詳しいところはよくわかっていないのです。ストレスや気圧の変化などの要因はあるのですが、それによって必ず偏頭痛が起こるとも限りません。そのため、これらの様々な要素が絡み合って血管の膨張を促していると考えられます。

セロトニンも原因?

また、脳内のセロトニンの増減が偏頭痛に関係しているとの指摘もあります。人間は何らかのストレスを受けると脳が刺激され、セロトニンが脳内に放出されるようになります。

セロトニン自体は脳の血管を収縮させる働きがあるのですが、時間経過とともにそれが分解されていくと、今度は収縮していた血管が広がってしまういます。それによって頭痛が起こるのではないかと言われているのです。

このように、偏頭痛の引き金となる血管の膨張は様々な要因によって引き起こされる可能性があるため、現時点では完全に予防できるものではありません。実際に痛みが出てからにはなりますが、早めに対応して早めに治すことを心がける必要があるのです。

ポイントは2つ?偏頭痛への適切な対処方法!

根本的な原因は不明な場合でも、偏頭痛はしっかりとした対策をしておけば治すことができます。ここでは偏頭痛対策のキモとなる2つのポイントを理解しましょう。

「安静」にすること

それでは、実際に偏頭痛に見舞われたときの適切な対処法について説明します。ポイントは大きく分けて2つありますが、まずは下手に動かずに安静にすることです。

特に偏頭痛は光や音に敏感になりますから、なるべく暗くて静かな部屋で過ごすことが推奨されます。

事実、暗い部屋で寝ると楽になってくる人は多いですから、症状が出たらカーテンなどで部屋を暗くして安静にしておくことをお勧めします。

頭部や首筋を「冷やす」こと

もう一つは頭部や首筋などを「冷やす」ということです。これによって膨張した血管が収縮し、偏頭痛の痛みを和らげることができるようになります。また、血管を収縮させるという意味でコーヒーのようなカフェイン飲料を摂取することも有効です。

いずれも痛みが出始めてすぐに行うのが効果的ですので、早めの対処を心がけましょう。ただし、カフェインなどは過剰に摂取すると逆に頭痛が悪化するおそれがありますので、多くても1日に4~5杯程度に留めておいてください。

過剰服用に注意?偏頭痛に効く薬

今では様々な偏頭痛の薬が登場していますが、やはり実際に服用するにあたっては用法・容量を守って過剰に服用することを避けなければいけません。最後に薬を服用する際のポイントを簡単に説明します。

市販の鎮痛剤

今では偏頭痛に効く市販の鎮痛剤が沢山ありますので、痛みが強い場合は服用してもよいでしょう。ただし、あくまでも神経の炎症を抑えるだけの対処療法であり、服用しすぎると逆に「薬物乱用頭痛」のような副作用に見舞われる危険がありますので、必ず用法と容量を守ってください。

トリプタン系薬剤

また、医師の処方箋は必要となりますが、イミグラン錠のようなトリプタン系薬剤は偏頭痛の炎症だけでなく、その原因となる血管の膨張も抑える働きがあり、非常に有効です。痛みが長く続く場合や定期的に激しい痛みに襲われる場合は、医師への相談のもとでこういった薬剤を服用することも必要となるでしょう。

ただし何でもすぐに薬に頼るのも控えるべきです。いざという時に薬に効きが弱くなってしまいますから、なるべく薬に頼らない治療も意識しておく必要があります。医師としっかり相談して、自分に合った治療法を発見することが重要なのです。

まとめ

偏頭痛について、その痛みの性質から症状、そして有効な対策まで一通り説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

偏頭痛は人によって痛みの程度や痛みが継続する期間が違っているために、絶対にこうすればよいという対策をなかなか立てづらい頭痛です。ですが、本記事で挙げたような多くの人にとって有効だと証明されている対策はしっかりと確立されていますから、ぜひ参考にして頭痛と上手に付き合っていきましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ