痛みの前兆が分かれば辛い偏頭痛は悪化しない!知っておきたい3つの前兆

偏頭痛の痛みは悪化する前に対処するのが一番だと言います。

けれども、突然やってくる痛みにどう対処すればいいのか分からないという人も多いはず。

痛みが起こる前に出やすい3つの前兆をご紹介します。

この症状が出たら「そろそろだぞ!」と警戒して薬を服用しておくのも◎。

前兆があった時に薬を飲んでおけば痛みは悪化しない

偏頭痛の痛みは基本的に薬が効かないのですが、痛みのごく初期の段階であれば痛みを抑えることが出来ます。初期段階で服用しておけば痛みが悪化することもなく、軽い痛みだけで済むことも多いのです。

なるべく頭痛薬に頼りたくないと考えている人は、痛みに耐えきれなくなって、やっと薬を飲むという人がほとんど。でも、耐え切れないくらいまで我慢してしまうと、痛みが強すぎて薬の成分が太刀打ちできません。

飲んでも効果が実感できないという悪循環に陥ってしまわないためにも、初期段階で飲んで、痛みの悪化を予防しましょう。

知っておきたい!偏頭痛が起こる前の前兆3つ

偏頭痛の痛みは前触れもなく起こるという人が多いですが、実際にはいくつかの前兆が表れていることが多いです。

どのような全長が現れるのか知っておけば「もしかして、これかな?」と気が付けるかもしれません、代表的なものを3つご紹介します。1.どうしようもない空腹感偏頭痛の前には、不思議なくらいお腹がすくことがあります。

どれだけ食べても満腹感がなかったり、満腹のはずなのにまだ食べたかったり。これは神経バランスが崩れている証拠。神経バランスの崩れは偏頭痛を誘発するので、異常な空腹時には要注意です。

2.脚がパンパンにむくむ女性に多いむくみですが、実はむくみが偏頭痛の前兆であることも。朝からなんとなくパンパンにむくんでいる、いつもと違う時間帯にむくみだしたなんて時は、数時間以内に編ずつが起こるかもしれません。

3.あくびが止まらない急にあくびが止まらなくなるというのも、よく見られる前兆の1つです。睡眠時間が足りているにもかかわらず頻繁にあくびが出だしたら、偏頭痛のサインかもしれません。

これら3つは、特に多くみられる前兆です。すべての人に起こるわけではありませんが、これらの症状の後に偏頭痛が起こるようなら、事前に薬を飲んでおくといいかもしれませんね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ