冬に偏頭痛がひどくなるのは冷えのせい!注意したい症状とその対策

冬になると偏頭痛の症状が決まってひどくなるという人はいませんか?

寒い季節に痛みがひどくなるという場合は、冷えが原因の可能性があります。

冷えが原因の偏頭痛に対処する方法を知っておきましょう。

冷えってどんな状態?

手足が冷たくて、布団に入ってもなかなか眠れないということがありませんか?冬だから仕方ないと思っている女性が多いのですが、手足が眠れないほど冷たいのは「冷え性」の可能性が高いです。

心臓から遠い場所にある手足に、十分な血液がいきわたらないのが原因です。冷たい食べ物を好む、睡眠不足、心のストレスなどが原因で症状が強くなりやすいものだと言われています。

ちなみに、生理痛がひどいという人も冷えが原因のことが多いです。

冷えと偏頭痛の関係は?

冷え性というのは、血液の循環が悪くなっている状態です。本来スムーズに流れるべきはずの血液が、必要なところに行き届かなくなることで末端が冷えます。

一時的な冷えなら問題ないのですが、冷えの状態が長期間続くと、手足だけではなく胃腸や腎臓などの臓器まで冷えてしまいます。冷えた臓器は働きが悪くなって、ますます冷えが悪化するというわけです。

その結果、脳にいきわたる血液も足らなくなります。十分な血液がいきわたらないせいで、脳がバランスを崩して、痛みを引き起こしてしまうことがあるのです。

冷えによる偏頭痛はどう対処する?

冷えが原因で起こっている偏頭痛の場合は、痛み止めを飲んでも効果がありません。

痛みどめの主成分として配合されているのは、炎症を抑えて痛みを止める成分だからです。冷え性を自覚していて、かつ偏頭痛に悩まされている場合は、まずは冷え性を改善することから始めましょう。

痛みの根本原因は冷えにあります。冷え性改善のために効果的な方法は、体の内側から冷えを取り除くことと、物理的に温めて冷えを取り除くことの2つです。体の内側からのケアに関しては、漢方薬を服用したり、体を温める効果のある食材を積極的に摂取するといいでしょう。

物理的に温めるケアは、カイロを貼ったり、重ね着をする、腹巻をするといった方法がおすすめです。腹部や手足など、冷えやすい部分をピンポイントで温めることで高い効果を発揮します。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ