漢方薬で偏頭痛は治る?食べ物を見直して予防できる

偏頭痛は脈を打つような痛み、頭の片側、両側、後頭部、頭全体の痛み、また、吐き気を伴うこともあります。原因としてストレスなどにより神経伝達物質のセロトニンが異常分泌することで血管が収縮、その後血管が拡張して神経を圧迫して炎症、その結果痛みが起こるとが考えられます。

漢方で根本的に偏頭痛を治す

東洋医学では気の巡りを正しくすることに重点を置き、また自然治癒力を高め、体質改善にも役立つ薬が処方されます。日本神経学会・日本頭痛学会によると、研究により効果があった漢方薬は、

  • 冷えがあり、胃腸虚弱、吐き気のある人には呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
  • 体力があまりなく冷えのある人には桂枝人参湯(けいしにんじんとう)
  • 体力が中くらいで冷えもない人は釣藤散(ちょうとうさん)
  • 体力があり、汗が出にくいタイプの人に葛根湯(かっこんとう)
  • のどが渇き、尿の量が少ない人には五苓散(ごれいさん)

があげられます。

体質に合った薬を選ばないと効果は期待できません。また葛根湯は高血圧や心臓病のある人は使用には注意が必要です。効果的に飲むためにも漢方薬局で相談するといいでしょう。

食べ物すぎ注意、偏頭痛の予防

薬には頼らず、身近な食生活を見直して偏頭痛を予防したいものです。注意した方がいい食べ物としては、たとえば、チーズやワインなどに含まれるチラミンは血管を収縮させる作用があります。

またハム、ソーセージに含まれる亜硝酸は血管拡張させ、食べ過ぎると偏頭痛を起こす可能性があります。体調や食べる量によっても変わってくることから、どういう時、どういう食事で偏頭痛が起こったかを記録しておくと、予防のためにも役立てることができます。

毎日食べれば改善が期待

偏頭痛に効果があり、積極的に食べたいものとしては、ほうれん草やヒジキは血液の循環を整える作用のあるマグネシウムを多く含んでいます。

偏頭痛のある多くの人がマグネシウム不足であるといわれています。他にも高野豆腐、かつお節、大豆には神経伝達物質であるセロトニンの材料のトリプトファン、うなぎや豚肉はミトコンドリアの働きを助けるビタミンB群を多く含んでいます。

偏頭痛のある人はこのような食べ物が不足しているのかもしれません。食事にとりいれることで予防、軽減が期待できます。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ