何故偏頭痛の時に吐き気と下痢になるなんて?セロトニンが関係してます!

頭の痛みがとんでもなく続く状況の中で、突然気持ちが悪くなり嘔吐が始まりほぼ同時にくる下痢、何度も何度も繰り返される中で「私一体どうしたんだろう、何でこんな事が起きるんだろう。このままだと、死んでしまうのでは」等と不安に襲われてしまいます。
嘔吐と下痢を繰り返しながら、ズキンズキンと頭痛も繰り返される、そんな状況なでトイレから離れられないまま時間が過ぎて行く。

こんな事が起こると、とっても不安になる事も当然です。これは、偏頭痛の症状のひとつです。何故、この様な状態になるのか調べてみました。

なぜ?頭痛の時に来る吐き気と下痢?偏頭痛です!

色々な原因要素が、重なって現れる頭痛には症状の現れ方も様々です。特別に原因の無い頭痛が始まった時に嘔吐または吐き気、そして下痢が続いて起こるのは偏頭痛の症状です。

偏頭痛にみられる症状とは

偏頭痛の症状は、人によって違いがあります。前兆がある人に、無い人なども含めて色々あるので1つや2つだけをあげる事が出来ないのですが、代表的なものを紹介します。

  • 一つは、頭の片側または両側に「ズキン・ズキン」、「ドクン・ドクン」とリズムのある痛みが数時間続く。
  • 二つ目は、月に1回から2回の少ないものから、多い時には毎週1回からある人もいる。
  • 三つ目は、痛みは1時間から2時間くらいで頂点に達する。
  • 四つ目は、嘔吐や吐き気がある。
  • 五つ目は、あまりの痛さで動けなくなる。無理に動くと酷くなるのでじっとしている。

どうして偏頭痛になるのか?原因は2つある!

何らかの原因によって、血管の働きに支障が出る事から始まり生じるのが偏頭痛です。そのもとになる、大きな原因はふたつあります。エストロゲン性偏頭痛とセロトニン性偏頭痛です。

エストロゲン性偏頭痛とは

これは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の変化によって生じる偏頭痛です。生理の周期や更年期の時の間の影響を受けて生じるのです。

セロトニン性偏頭痛とは

セロトニンは、身体の中で特に大きな働きをしている三大神経伝達物質の1つで、自律神経をコントロールしています。セロトニンの分泌量の変化が出る事で起こる血管の急激な動きから生じます。

ストレスで吐き気や下痢?小腸のセロトニンがカギ!

人の身体はストレス等の影響を受けた時に、小腸にあるセロトニンの分泌される量によって腸が影響を受けて、吐き気や下痢が生じます。

セロトニンは腸に沢山ある

身体の中にあるセロトニンの90%は小腸の粘膜のクロム親和細胞という細胞の中にあります。人の身体がストレスを受けたと感じた時に、自律神経が乱れて小腸のセロトニンが必要以上に分泌されます。

腸を動かす蠕動運動(ぜんどううんどう)は、自律神経にコントロールされているので腸管がストレスで自律神経が乱れると、蠕動運動が低下したり、過剰になる為腸が正常な働きが出来なくなり。胃の中のものも、腸に行けなくなり胃が膨れ上がり、吐き気や嘔吐が生じます。

セロトニンは血液の中にもある

腸の中にセロトニンの90%があるので、残りの10%はどこにあるかと言うと、8%が血小板に納まり血液の流れで身体の中を廻ります。

血液中にあるセロトニンには「血管の収縮作用」等の働きがある為、これが偏頭痛の原因のひとつになっています。

最後に残った2%は脳の中にあります。

セロトニンは少量でも幸せになれる

人間の精神的な所にとても影響を与える事になるのが、脳の中にある、ほんの少し2%のセロトニンになると考えられています。

交感神経系の動きに応じて、体内時計を正常にして活動モードの状態を維持します。ドーパミンやノルアドレナリンが暴走するのを抑えて、心のバランスが整えられるので幸せな気持になれます。

影響力が大きいセロトニン!少なくなるとどうなるの?

心のバランスを整える働きがあるので、不足するとバランスが乱れて不安定になる事から不眠やキレやすい、うつ病等の精神的な面で色々な症状が出てきます。

セロトニン不足原因とは

現代社会の中では、とても多くの人がセロトニン不足の状態になっていると言えます。便利になったと、言える生活の変化や、難しい人間関係に仕事上でのストレス、そして食生活の変化などです。

セロトニン性偏頭痛は防げるの?ポイントは脳のセロトニン!

ストレス等でセロトニンが過剰に分泌されると脳の血管が収縮します。少しして落ち着くと、セロトニンの分泌が減ります。次に、脳の血管が一時的に拡張します。このように、脳の血管の収縮から拡張へと変わる事で生じるのです。

ストレス等の原因から守る為にセロトニンが分泌されますが、脳の中のセロトニンは2%でとても少ないのですぐに無くなる為に、血管を収縮させていた事が維持出来なくなり拡張してしまうのです。偏頭痛の原因は、血液中のセロトニンの量の増減とも言えます。

増やす方法とは

身体を守る為にも、偏頭痛の予防の為にも脳の中のセロトニンを増やす事はとても大事な事です。簡単に出来る事をご案内します。

  • ひとつは、日光にあたりましょう。1日15分くらいで大丈夫です。
  • 二つ目は、テンポ良く運動をしましょう。スクワット等の、一定のリズムで行なう反復運動等です。
  • 三つ目は、食事の時にはよく噛んで食べましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?嘔吐と下痢を伴う偏頭痛についてご案内させて頂きました。セロトニン性偏頭痛は、頭痛の原因になるものを遠ざける事で、発作を減らしたり頭痛の症状を和らげる事が可能です。自分の原因が何か知っておく事も必要ですね。

沢山の努力をしても、完璧に発作を防ぐ事は難しいです。掛かりつけの病院をつくり、医師と治療について相談する事も大事です。

吐き気や嘔吐があると、飲み薬での対応では効果が期待出来ないので掛かりつけの医師との相談で処方が必要になります。早めに頭痛外来への受診をお薦めします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ