「偏頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」の特徴と違いは?

同じ慢性頭痛でも緊張性頭痛と偏頭痛では対処の仕方も異なります。

それぞれの特徴を掴んで自分の頭痛が何なのか特定すべきですが、偏頭痛は痛み方の症状に特徴があります。

偏頭痛の症状は?

偏頭痛の人がよく訴える症状が、脈打つような痛みです。ドキドキという鼓動と連動し、頭の片側が痛みます。痛みの表現はズキズキ、ガンガン、時にはガンガンといったようなものです。

しかしひどくなると頭の両側が激しく痛むようになります。痛みが強くなると今度は吐き気が現れ、ひどい場合は本当に履いてしまうこともあります。体を動かすことで悪化するので、作業も手につかなくなります。

個人差もありますが、月に1、2回ぐらいの頻度で発作が起こる人が多いようです。多い人だと毎週のように偏頭痛の症状に悩まされます。一度痛み始めると1時間で強さのピークに達し、長い場合だと3日間も続いてしまうこともあります。

緊張性頭痛と群発頭痛の症状は?

緊張性頭痛も群発頭痛も、偏頭痛とおなじように慢性です。しかし痛みの感じ方は異なります。

緊張性頭痛

緊張性頭痛肩こりや首のコリからくることがあり、頭全体、後頭部が痛みます。もしくは頭にワッカをはめられたように、鈍い痛みがします。

痛み自体は偏頭痛より弱いですが、長いと1週間続くこともあります。

群発頭痛

群発頭痛一番痛みが激しく、耐えがたいと表現されます。あまりの激しさに頭を壁に打ち付け、ケガをしてしまう人もいるぐらいです。

群発頭痛は1ヶ月から2ヶ月の間、毎日のように現れます。一度痛みが起きたら15分から3時間続き、これが日に数回続きます。群発地震のように現れるためにその名前が付けられましたが、一度群発期が過ぎると数ヶ月は現れません。また、これらの頭痛は併発することもありますし、脳梗塞や外傷性の頭痛である可能性もあります。

ですからひとつの症状だけで頭痛の種類を簡単に決められないところもあります。いつものことだからと諦めず、脳神経外科などで一度精密検査を受けてみることをお勧めします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ