痛すぎると大変!偏頭痛が引き起こす生活への支障と対策 32歳 T.N.さん

女性に多いと言われる偏頭痛ですが、私もとてもひどい偏頭痛持ちです。偏頭痛が始まると生活に支障をきたす程です。

偏頭痛の始まり

私は3年前くらいに頭の手術をしました。幼い頃から偏頭痛もちではありましたが、それに加えて手術をしてしまったので尚更偏頭痛は悪化しました。

これは後遺症などではないのですが、偏頭痛持ちの友達の話を聞くとやはり同じ内容で困っている人も多くいることがわかりました。昔の偏頭痛は、鎮痛剤を飲むことで緩和されていましたが歳を重ねたこともあり、鎮痛剤もあまり聞かないことがしばしばになりました。

鎮痛剤を上手く利用して

頭痛は我慢をすればする程、痛みは強くなります。私の場合は仕事上、技術職なので偏頭痛がおきても細かい作業を続けなくてはなりません。

もちろん鎮痛剤を服用せずに続けた事もありましたが、ガンガンという痛みは酷くなる一方で最終的には肩から頭へかけて火照り始め、視界はぼやけ始め、頭を振ると大きな吐き気を催し最終的には嘔吐してしまいました。

嘔吐までたどり着くともう手遅れです。鎮痛剤を服用してもまた嘔吐してしまうし、何より効き目はありません。頭が痛い。という感覚よりも、起床したときから頭が熱い、頭が重いという感覚が現れた時点で鎮痛剤は服用しています。

それでも効かないときもありますが、嘔吐するところまでは至りません。

日常で私が気をつけていること

日々の中で私が気をつけている事は、生活リズムを崩さない。ということです。昼夜逆転してしまったり、寝不足が続くと自律神経が乱れてしまい寝起きも悪く体全体がだる重くなります。

そうすると、疲れをためやすくなり偏頭痛も起きやすくなります。1番は睡眠だと思います。次に肩こりです。私の場合は肩凝りが悪化すると、偏頭痛へつながることが多いので肩から首にかけて張りを感じた際にはこまめにマッサージへ通っています。

頻繁に背中、肩、首の凝りをほぐすことにより偏頭痛の頻度は大幅に減りました。

偏頭痛の起こりやすい原因

先ほども書きましたが、肩凝りは偏頭痛の大きな要因です。そして、季節の変わり目は必ず偏頭痛が起きます。春から夏へかけては急激に暑い日もあり、頭が火照ります。

のぼせによる偏頭痛もタチが悪いのでこういう場合は帰宅してからすぐに首や頭を冷却します。台風などの低気圧の変化も要注意です。

天気が大荒れのときも偏頭痛は起きやすくなります。これも気候のせいなのですが、台風の日の朝などは起床していつもと違う感覚や頭がだる重く感じたら鎮痛剤を服用しておいています。予防薬になります。

酷い偏頭痛だったから

あまりに酷い偏頭痛が続いた時期は、やはり病院を受診しました。市販されている鎮痛剤とは違って、即効性のある薬を処方してくれました。

もちろん、先生の診察を受けることが出来るので、大きな病気が隠されている場合も安心です。嘔吐がひどい、生活に支障が出てしまう場合は一度、病院を受診することをオススメします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ