目が疲れていると偏頭痛に!パソコンなどを使い過ぎた日は目のケアを 33歳 K.R.さん

偏頭痛になったのは21歳頃のことです。最初は、ただの頭痛と思っており偏頭痛ということが、よくわかっていませんでした。

薬局にいった際に、頭痛、生理痛の薬をみつけたのがきっかけで、頭痛がひどいときには、薬を飲むようになりました。

ですが薬を飲んでも治らない為、知人や両親に相談したところ、偏頭痛ということがわかりました。

どういう時に偏頭痛がでるか?

偏頭痛がどんなときになるか考えたところ、パソコン作業をずっと続けたり、携帯を一日触ったりするとなることが多い気がします。

他にも、雨の日や、天気が悪くなる前などによく痛みがでたりすることが多いです。

なった時にはどのように対処しているか?

偏頭痛が起きた時に、対処するようにしてるのは、薬をのんだり、自分でマッサージしたりします。

マッサージといっても、自分でやるのは限られるので、ひどいときには、整骨院にいくようにしています。

整骨院にいった際に、そこの先生から聞いたのが、偏頭痛の痛みが出ている場所が、目が疲れているからそこが痛むと聞いたことがあり、なるべく目を温めて、目を休めさせるようにしています。

偏頭痛がくるときは、首や肩こりも一緒になってることが多いので、首を冷やして寝るようにしています。冷やすといいと聞いたのも、整骨院の先生からでした。

事前に何か予防策をしているか?

少しでも頭に違和感などがあると、薬を飲むように心がけています。

また、なるべく目元を温めて目をケアしていくようにしています。

日ごろから気を付けていることは?

日頃から、偏頭痛にならないようにきをつけていることは、なるべく目を疲れさせないようにすることです。

例えば、携帯、パソコンなど見るときは、目をあまり近づけないようにしたり、その日がかなり目を使ったりしたなと思ったら、目を温めてケアすること。

後は一日1回以上は、目薬をするようにしています。もしくは、沢山睡眠をとるように心がけています。

最近はあまり偏頭痛がなくなったので、快適に過ごせるようになりました。今後もなるべく痛みがでないようにしていきたいと思います。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ