偏頭痛を改善!漢方薬の適応症と使い方を知ろう

漢方薬は、患者の症状や証(体力・体質・体型など)に合わせて処方されるお薬です。偏頭痛の改善に漢方薬を試してみてはいかがでしょう。

偏頭痛に適応する漢方薬

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)偏頭痛、習慣性頭痛に適応します。頭痛が強くて、吐きけがある、手足が冷たいという症状の方によいとされています。

加味逍遥散(かみしょうようさん)・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、冷え性や更年期障害、月経困難に適応します。加味逍遥散は神経質でときどき偏頭痛があるという方によいとされています。桃核承気湯は、体格が良く体力はあるが偏頭痛がある方によいとされています。

漢方薬に健康保険は使えるのか?

保険診療を行っている診療所、病院であれば漢方薬も保険が使えます。医療用漢方薬の大部分と、日本薬局方に記載されている生薬を用いる漢方処方について使用が可能ですので、医師に相談されると良いです。

漢方薬は安全か?

漢方薬には長らく人に用いられてきた歴史があり、その間に有害な作用のあるものは除外されてきたと考えられ、一般には副作用が少なく安全性が高いと思われています。ただ漢方薬は天然の生薬からなるために、副作用がないと言う事はありえないので注意が必要です。

漢方薬を使用する際、昔からときに病状が悪くなることがあることが知られています。

そのひとつは、証を間違えたためのもので誤治といわれます。もうひとつは、瞑玄(めんげん)といって、漢方薬を服用した後に突然予期しない身体の反応、例えばめまい、気分不良、頭のふらつきなどが起こることがあります。ただこれは一時的で、むしろ病状は良くなるとされています。

漢方薬は一般的には安全ですが、薬品である限り、副作用が起こることがあることは心得ておいてください。

高齢者、妊婦での漢方薬の使い方

高齢者では個人差が大きくなって、一律に薬の量を決めるのは難しいのですが、漢方薬は一般に副作用が少なく、薬効もおだやかで、また体重、個人差(証)を重視して使いますので、西洋薬ほど心配はいらないのではないかと思われます。

ただ70歳以上になるとお薬の量を20~30%減らすことも考えられます。

漢方薬は一般的には安全な薬ですので妊娠中の人も漢方薬を好まれます。妊婦が風邪をひいた際など、西洋薬の副作用をおそれて、漢方薬を希望する人が多いのは事実です。

確かに一般に漢方薬による胎児の影響は少ないとされています。いずれにしても、妊娠早期の漢方薬の服用については、専門家によく相談してください。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ