「偏頭痛の原因となる食べ物」と「偏頭痛の痛みを和らげる食べ物」は何か?

今、日本には偏頭痛で悩まされている人が約840万人いるとされています。

しかし、多くの人がその原因や対処方法を知らずに、市販の鎮痛剤で痛みを誤魔化していることも少なくありません。

偏頭痛は脳の血管が拡張し、脳神経の中で最も大きい三叉神経(さんさしんけい)という部分を刺激することによって起きます。

つまり、血管の拡張を促す原因を探れば、偏頭痛の対処法もわかるということになります。原因は人によって様々ありますが、ここでは偏頭痛を引き起こす恐れのある食べ物についてお話ししたいと思います。

偏頭痛の原因となる食べ物

偏頭痛の原因となる代表的な食べ物がチョコレートです。チョコレートはチラミンという、血管を収縮させる物質を含んでいます。

チラミンを体内に取り込み、一時的に血管を収縮させると、私たちの身体は元に戻ろうと、血管を拡張します。そのとき、血管が拡張し過ぎることにより、頭痛を誘発させるのです。

チラミンを含む食べ物はチョコレートの他に、赤ワイン、チーズ、漬物類などです。チラミンの他に、亜硝酸塩という体内に入るとアレルゲン(アレルギー物質)として働いてしまう物質も偏頭痛の原因となることがあります。

亜硝酸塩が体内に入ったとき、人間の身体は抗体をつくり、アレルゲンをやっつけようとして炎症物質を放出します。

その物質には血管を拡張させる作用があるため、頭痛が起こります。亜硝酸塩はベーコンやハム、サラミなどに含まれています。

偏頭痛を和らげる食べ物

それでは逆に、そんなつらい痛みを和らげる食べ物はなんでしょう。

それは、マグネシウムを含む食べ物です。マグネシウムには、血管の緊張をほぐす作用があり、血管の急な収縮を抑えてくれます。

マグネシウムを含む食べ物は?
マグネシウムはひじきやワカメ、昆布などに含まれています。

コーヒーには要注意

コーヒーは偏頭痛を和らげる効果がある飲み物だと言われています。それは、コーヒーに含まれるカフェインという物質に理由があります。カフェインには、血管を縮める作用があり、血管の緊張をほぐします。

なので、偏頭痛が起こったときにはコーヒーを飲むと良いでしょう。

しかし、コーヒーの飲み過ぎは逆に偏頭痛を引き起こす原因となることもあり得ます。カフェインによる血管の収縮を急激に起こしていると、今度は血管が逆の方に働こうと、拡張を始めてしまいます。そのため、痛みが生じるのです。

偏頭痛を持っている人は、普段コーヒーを飲み過ぎていないか確かめてみてください。もし飲み過ぎているようであれば、量を調節し、逆に日常的にコーヒーを飲まない人は、適度に飲んでみてはいかがでしょうか。

最後に

偏頭痛は周りの人に理解してもらえないことが多いかもしれません。だからといって、痛みを我慢するのではなく、少しでも痛みを和らげる方法を見つけ出してみてください。

今回は食べ物について深くお話ししましたが、偏頭痛の原因は数多く存在し、その対処法も様々です。

ですから、自分に合った対処法を見つけ、偏頭痛と上手に付き合っていくことが大切です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ