偏頭痛の原因が「血圧の低い」のと関係があった!? 24歳 R.N.さん

偏頭痛は、いきなり起こります。大事な用事があるときや、どうしても休憩できない場面など、ゆっくりすることができない時に限って、頭が痛くなりますよね。

そういう場合に、考えて欲しいことを、私の経験と一緒に紹介します。

周囲に理解されない偏頭痛の辛さ

私は、中学生の頃から、緊張するなど、大事な場面になると偏頭痛を起こしていました。おなかが痛いとか、熱があるとか、そういう分かりやすい体調不良には、保険の先生が対応してくれたのですが、偏頭痛は仮病みたいな対応をされて、悔しかった記憶があります

仮病だと言われたら、本当にそうなのかもしれないと、我慢する生活をしていました。しかし、痛いのは事実なので、気が滅入り、だんだんやる気も起きなくなりました。

それからも偏頭痛は続き、忙しい日が続いたときや大事な用事があって絶対に出かけなければいけないとき、仕事で話し合いがあるときなど、外せない重要な日に限って偏頭痛が起こりました。最終的に、偏頭痛に合わせて、吐き気や発熱まで起こるようになってしまったのです。

自己流の対策をしたけど

自分が偏頭痛を起こす場面を思い出してみると、水分が足りないせいかもと思い当たる節がありました。そこで、喉が渇いていなくても、積極的に水分を摂取する習慣をつけました。また、電車の中で、偏頭痛がして吐きそうになったときには、自動販売機などで冷たくて甘いジュースを飲みながら深呼吸し、エネルギーを取り戻すことにしました。

そして、限界まで偏頭痛が酷くなった時には、頭を下げて座るようにするといくらか楽になりました。頭を心臓より下げると、頭の隅々まで血が流れ込むような感覚になりました。しばらくすると、眠くなかったはずなのに、寝てしまうことが多かったので、疲れが溜まっているのかもとしれないと、寝る時間を増やしました。

思いがけない偏頭痛の原因

「頭痛なんてみんなあるものだから」と思って、わざわざ病院に行くこともしなかったのですが、これは限界だと気づいて、診察を受けることにしました。

熱もあり不安になっていると、医師が「血圧が低すぎるんじゃないか」と言い始めました。測定していただくと、確かに健康診断で測定したときよりも、低くなっていました。

そんなことで偏頭痛が起こるのだろうか?」と疑っていたのですが、医師の指示に応じて、運動する時間を増やしたり、積極的にお肉を食べるようにしたり、寝る前に体操をしたり、塩分を多めに摂取したりしているうちに、吐き気がするような偏頭痛の回数が減ったのです。吐き気だけではなく、常に感じていた身体のダルさも和らぎました。

血圧が高いのは良くないと知っていたのですが、低いのも良くないというのは、あまり知りませんでした。これからは、血圧を上げるような生活を心がけようと思います。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ