偏頭痛がやってくる前に私が実践した4つの日頃からケアは? 24歳 T.T.さん

高校生までは、偏頭痛とは無縁でした。進学校に通っていたので、勉強時間も多く、目と頭を駆使することは多かったように思えますが、偏頭痛を味わったことはありませんでした。

ですが、大学に入り、PCやスマートフォンを利用する時間が学校でも私生活でも圧倒的に増えたことをきっかけに、偏頭痛と肩こりに悩まされる日々が続きました。

脈を打つように頭がズキズキし、眼球の奥に違和感が…。初めてその辛さを味わったときは、「これは一体何だろう?」と不安になり、症状を大学の医務室の先生に打ち明けたところ、これが偏頭痛であることを知りました。それからは偏頭痛がちょこちょことやってきます。

色んなことが偏頭痛の要因に

学校でレポート作成やネット検索などでPCを長時間使うことが多く、それは家でも同じでした。

暗い部屋の中でスマートフォンを扱ったりと、PCやスマートフォンを扱うことが頻繁になってからは、首と肩の凝り・偏頭痛・ドライアイがセットでやってきます。PCやスマートフォンを扱っている間は、同じ姿勢を長時間とり続けているので、全身の筋肉が凝っているような感じを受け、頭がズキズキと痛くなります。

また、上記以外にも、天候が悪くなって雨が降り始める前の曇りの時にも必ず偏頭痛がしますし、加えて、頭が重たくなります。

偏頭痛になった時の早めの対処&日頃からのケアが必要

まずは、何か作業を行っているときは、すぐに中断します。頭痛が始まれば、効率よく作業できませんし、悪化する一方ですから。

ケア1:ホットタオル

そして、「眼が疲れている+偏頭痛」の時は、お湯で濡らしたホットタオルを用意して1分ほど目に当て、そのあとすぐに冷たいタオルで1分ほど目に当てます。温める→冷やすをそれぞれ1分ずつ、これを1セットとして3回ほど行うと眼の筋肉が和らいで頭痛も和らぎます。

ケア2:ストレッチ

また、肩を大きく回したり、背伸びをしたりと簡単に全身のストレッチを行います。全身の筋肉の凝りをほぐす気持ちでゆっくりと行っています。加えて、こめかみ辺りに指を置き、大きく円を描くようにして筋肉をやさしくマッサージしています。

ケア3:鎮痛剤を服用

そして、ナロンエースなどの市販の鎮痛剤を常備し、早めに服用します。「頭が痛くなりそうかな…」と感じたら、市販の鎮痛剤を早めに服用しています。「痛む前に飲むほうが効果的」と学校で習いましたので、疲れがたまっている時や天候が悪くて体の調子がすぐれず、偏頭痛が来るかもしれないと感じるときは早めに対処しています。

ケア4:ぬるめのお湯にゆっくりつかる

さらに、暑い時期は、シャワーのみで入浴時間を済ませてしまいがちですが、それではダメだと思います。38℃くらいのお湯でいいので、お湯に30分ほどしっかりつかるようにし、入浴後はストレッチをゆっくりと行っています。

血行をよくする&筋肉の凝りをほぐすように努めています。そのように努めることで、疲れを次の日に残しづらくなりましたし、偏頭痛に悩むことも非常に少なくなりました。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ