女性の偏頭痛が起こる3つの誘発因子は何か?

偏頭痛を起こす原因には、精神的なものから、天気と気圧、環境の変化、体調とホルモンのバランスなど、様々なものが考えられます。

この中でも特に女性が敏感に反応すると思われる偏頭痛の誘発因子について考えてみたいと思います。

誘発因子1:ストレスと睡眠不足

一番の偏頭痛の誘発因子と考えられるのはストレスです。生活していく中でストレスを感じないようにすることは不可能ですが、その度合いによって、頭痛が起こるストレスと怒らないストレスがあります。

人間関係によるストレスは、精神的な部分に与えるダメージが非常に高いので、偏頭痛を多く起こす誘発因子であると考えられます。それに伴う睡眠不足はさらに偏頭痛を悪化させる原因となります。

人間関係のトラブルなどは、その場が終わっても頭の中に残り、どうすればいいのかを考えてしまいます。特に夜寝る前の布団の中で考え始めてしまうと、どんどん目がさえてしまって眠れないこともよくあります。そうしたことから、高い確率で偏頭痛を起こしてしまうのです。

誘発因子2:低気圧と雨

偏頭痛を持っている人には、気圧の変化で頭痛が起こる人も多いと思います。急な天気の変化が起こるとき(夕立や、ゲリラ豪雨)などのまえぶれで、黒い雲が集まってきているときは、かなり高い頻度で頭痛が起こると考えられます。

なぜ気圧の変化で頭痛が起きるのか、はっきりとした原因はわかっていませんが、気圧が変化することで、血管への圧力が変わり、血管を拡張することにつながったことで、偏頭痛につながるものと考えられます。

こういった場合は天気が落ち着いてくると頭痛がなおる場合も多く、天気に偏頭痛の症状が左右されるということにストレスを感じます。

誘発因子3:女性ホルモンの変化

女性ホルモンの変化は偏頭痛と密接に関係している誘発因子の一つです。女性ホルモンが大きく変化するのは排卵期と月経期の前後です。

これはエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が、この時期になるとガクンと低下することと関係していると言われています。1ヵ月に2度、特に月経期には4日~5日頭痛が長く続くこともあり、悩ましい偏頭痛と言えます。

エストロゲンの分泌量があがるまで頭痛がおさまらないこともあるので、症状がひどい場合は医師に相談するなどして、適切な薬での処置が必要です。日常生活に支障が出る痛みの長さなので、偏頭痛を持つ女性にとって一番向き合うべき問題となります。

偏頭痛への対策

いずれの偏頭痛も、避けられない誘発因子であることがわかります。偏頭痛は完ぺきに治すということは難しく、うまく付き合っていけるように、症状を緩和する方法を探したり、薬を利用したりして日常生活を送ってほしいと思います。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ