私が片頭痛で一番効果があった薬は? 58歳 Y.M.さん

片頭痛は日常生活に支障をきたすほど辛い病気です。たかが頭痛ぐらいでと思われがちですが、風邪や二日酔いの頭痛とはけた違いの痛みで、なかなか理解してはもらえません。

私の場合は思春期のころから始まり、月に一度必ず強烈な頭痛に悩まされました。頭頂部とこめかみあたりのズキズキする痛み、目の奥がえぐられるような耐えがたい痛みで食事もできず、嘔吐を伴い、水分をとるのがやっとでした。そのような状態が2~3日続くのです。

市販の鎮痛薬は、効果がある場合もまれにありますが、ほとんどは効果がなく、気休めでしかありませんでした。

原因は人それぞれ

片頭痛は、血管が拡張して起こります。血管の周りにはたくさんの神経が通っており、拡張した血管が痛みを感じる神経を刺激して頭痛を引き起こします。痛みの神経と吐き気を起こす神経はとても近くにあり、痛みが激しいとき嘔吐するのは、吐き気の神経も刺激されてしまうからだそうです。

なぜ血管が拡張するのかは、ひとそれぞれです。私の場合は、若いころは間違いなく女性ホルモンが関係していました。月に一度生理の前に必ず痛みがありました。

赤ワインやチーズがよくないと一般的に言われますが、あまり関係はなかったように思います。それよりも激しい運動の後や、低気圧が発生した時に起こりやすいことがわかりました。

ほとんどの場合前兆がある

若いころは、市販の薬を飲んで、痛みが治まらないまま、ただ苦痛に耐えていました。そのうち何となく前兆らしきものに気が付きました。

それは、人に注意されて分かったのですが、生あくびが頻繁にでることでした。自分ではあまり意識はなかったのですが、月に一度あくびが頻繁に出る時期があり、片頭痛になる数時間前から一日前に起こります。

主な片頭痛の前兆は、生あくびが出る、目の前がチカチカしたり、目の奥に違和感を感じることです。

我慢しないでお医者さんに相談

何十年も片頭痛に苦しんできましたが、5年ほど前に近所の内科で片頭痛の薬をすすめられました。それはイミグランという高価な薬でした。

これも飲むタイミングが難しいのですが、痛みが始まってからではあまり効果がありません。痛む前に早めに服用すると、今までの市販の薬とはくらべものにならないほど、痛みは軽く、一日で治まってしまいます。

今、片頭痛で苦しんでいる人は、いつものことだからとあきらめずに、ぜひお医者さんに行って、片頭痛薬を試してみてください。いろいろ種類がありますので、必ず自分に合った薬があります。値段も少し高いのですが、今はジェネリック薬品を処方してもらっていますので、かなり負担も軽減されました。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ