偏頭痛と上手く付き合うには? 40歳 A.K.さん

高校生の頃、授業中に「あれっ、今日は頭、痛いな」と思ったことがありました。生理中だったので、お腹じゃなくて頭か、と変に思ったことがあったのです。

暑い夏の日だったと記憶しています。なんだか、ボーっとしてきて授業に身が入らなくなっていました。そういったことが、月に1回から2回あり、暑さが原因かなと特に気にもしませんでした。

その後も偏頭痛は続く

大学へ入学し、同じように月に何度か頭痛があり、「もしかして、私、頭痛持ちでは無いだろうか?」と認識するようになったのです。

通学の途中でも、痛くなったことがありました。電車で1時間半かけて通っていたのですが、途中で痛くなると大変でした。車内が空いている時は良いのですが、朝からの講義がある時は、通勤ラッシュで座れず、ギュウギュウで揺られて我慢できずに途中で降りて休憩することもありました。けれども、学生の間は休みたい時には休めて、遅刻しても即退学という事もなく安心できたのです。

本当に大変なのは、勤め出してからです。
私の偏頭痛に合わせて休むことなんて、不可能ですし、その日でなければならない、自分でなければならない事もあり、甘えが許されません。

朝の会議!休めない!

ある日とても大切な会議が、社内であったのですが、朝起きると頭がズキズキして、とても電車に乗れるような状態ではありませんでした。とりあえず、胃に少し食べ物を入れてから市販の薬を飲みました。日頃、遅刻のないように早めに起きていましたので、薬を飲んですぐに、出社することにしました。

いつもの特急快速ではなく、各駅停車で座って行こうと考えたのです。この早めの出社が良かったようです。社内の皆さんに迷惑を掛けることなく無事に到着し、事なきを得ました。

これでは、駄目だと気付き、月に1回から2回ある偏頭痛はもしかして防げるかもしれない、少しでも症状が軽くなれば、と思うようになったのです。

病気だったらどうしよう…

もしかして、重い病気だと困るので、かかりつけの内科に診察に行きました。私の場合、月に1、2回が生理の前後にあり、頭がズキズキと虫歯になったような感覚で痛みます。

これはどうやら、通常の頭痛のようで、脳に問題があるのではないとの事でした。市販の痛み止めの使用頻度も毎回ではなくひどい時のみに服用するので、これも大丈夫だそうです。「特に痛みの強い時に飲んで下さい」と薬を処方されました。

「女性の方にはよくありますよ、長い目で見てくださいね。」と言われました。まずは、生理日近辺は早起きする、薬をカバンにいつも入れる事に気を付けています。これから先もこの偏頭痛と上手に付き合っていくのかなと感じました。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ