あの吐き気を催す「偏頭痛」とうまく付き合うには? 44歳 M.F.さん

頭痛を経験したことのない人は少ないと思います。さまざまな原因から起こる頭痛。頭痛と言っても緊張型、偏頭痛、群発性といくつかタイプがありますが、中でも、偏頭痛は20代から40代の女性に多いともいわれています。

私自身も偏頭痛の症状が出始めたのは大人になってからでした。ガンガンして、ひどいと何も出来なくなる偏頭痛。うまく対処していきたい病気です。

ホルモンとの関係

偏頭痛の原因はいろいろあり、ストレスなどが引き金になって頭の血管が拡張するからといわれ、女性に多いのはホルモンバランスが関係していると考えられています。生理前になると偏頭痛になりやすいのもやはりホルモンの影響が大きいのかもしれません。

私の場合は、生理になったあとで、だから体調が悪かったのかな、と思い返すのですが、軽ければいいけれど、横にならずにいられないときもあります。薬があまり効いてくれないのがつらいところです。

偏頭痛だけでおさまらず

薬が効かず、横たわってじっと我慢しているうちにおさまってくれればありがたいのですが、そのうち、頭痛がくらくらとめまいを併発するときがあります。

そうなるともう本当に動けません。そして吐き気を催すのです。なんとかトイレまでたどり着き、嘔吐すると、不思議とさっきまでの頭痛やめまいが消えてスッキリします。まるでお酒に酔ったときに吐いたら楽になるように。

私は子どもの頃から気持ち悪くてもすぐ吐くタイプではなく、嘔吐したのは胃腸風邪のときなど、数えるくらいでした。そんな私がこの数年、吐くことが増えたのです。偏頭痛やめまいに悩まされるようになったからです。なんでも吐くと脳圧が下がるのだとか。

寝起きは危険

偏頭痛が起きやすい時期が生理前だとしたら、「時間帯は?」というと、寝て起きた後でしょうか。平日の早朝より、休日の頻度が高いです。

休みの日はどうしてもゆっくり寝てしまいますから、そのよく寝た、ということが、偏頭痛のきっかけになったりします。寝すぎはよくないといわれますが、休まなければ抜けない疲れもあるので困りものです。身体は休息をとりたがっているのに、あとで起きるかもしれない頭痛が怖くて結局起きてしまいます。

偏頭痛が起きてしまったら?

緊張型の頭痛には鎮痛剤がよく効くのに、偏頭痛には薬があまり効きません。横になってじっと目をつむり、嵐が通り過ぎるのを待つように症状が落ち着くのを待ちます。そうしているといつの間にか眠ってしまっていることがあるのですが、目が覚めたら頭痛もひいて楽になっていたりします。寝て起きた頭痛が寝て治るのだから皮肉です。

偏頭痛の原因がストレスといわれても、なかなかストレスを軽減するのは難しいです。けれどホルモンからくる自律神経の乱れは、食事や睡眠など生活習慣を見直すことで改善されることもあります。バランスの取れた食事や規則正しい生活は生きる上での基本ですが、それを心がけることで、つらい症状が軽くなっていくなら嬉しいですよね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ