私が片頭痛になった3つの原因とその後の対策は? 39歳 T.S.さん

私は20代後半から風邪のように体がだるくなり、目の奥の痛みや頭痛、吐き気に悩まされ、鎮痛剤を飲んでも一向に治りませんでした。

病院に行くと、どこも異常がないため精神安定剤を渡されました。「精神は安定しているんだけど・・・」と思いながら飲んでも全く効かず、その状態が3年程続いて体にも限界が来ていたため、止む無く仕事を退職しました。

頭痛の原因何だったのか?

退職にあたり有給を消化していた時に、別の病院へ行ってみました。そこでは、「片頭痛」という診断が出ました。現代病と言われる病気で現在は流行っているようですが、当時は珍しい病名でした。

残業時間が月100時間を超えるような激務によるストレスと、会社のエアコンが効きすぎている事による冷房による冷えもともとの体質のアレルギーの3点が原因で自律神経がおかしくなり頭痛を引き起こしていたようです。特に仕事については、経理を担当しており神経を使う仕事でもあり、もともとの性格が辛抱強く責任感があった事も病気には悪影響だったようです。

退職後にした片頭痛の予防策

会社を退職した翌日に、本当にぱったりと頭痛はなくなりました。やはり、経理という仕事の重圧はすさまじかったのでしょう。

片頭痛の予防としては、体を温めるために毎日湯船につかり、サウナや岩盤浴に定期的に通いました。また、普段の食事でも体を温める根菜類を摂取し、生姜パウダーを何にでもふりかけるようにし、生野菜や冷たい飲み物は飲まないようにし、とにかく体を温める事を心掛けました

普段の服装もズボンにし、襟の大きく空いた服は避けるようにし、肩が冷えないようにストールを常備しました。就寝時に、下着も部屋着も楽な服装で寝るようにしたのです。就寝時の服装は、体の冷えの防止に重要なようです。

仕事は、定時で終わる仕事に転職しました。また、アレルギーは秋と春に出るので、マスクを欠かさないようにもしました。

その後の片頭痛の症状と、頭痛後の対策は?

慢性的な頭痛はなくなりました。秋と春の季節の変わり目に、アレルギー症状を伴って片頭痛が起きたり、疲れている時に起こる事がありましたが、アレルギー症状を伴う時はマスクをする事で頻度が少なくなりました。

気を付けていても片頭痛になってしまった時は、何もしないで少し横になっていると収まりました。

目の奥が痛くなった場合は、ホットタオルなどで目を温めたり、目のストレッチをするといいです。目を閉じた状態で、目玉をまわすと、すごく楽になります。

どうしても、すぐに痛みを止めたい場合は、マクサルトという特効薬を使いました。人によって効果は異なると思いますが、私には効きました。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ