閃輝暗点は偏頭痛の前兆なのか? 47歳 M.M.さん

偏頭痛の一種、閃輝暗点を経験しました。偏頭痛の症状はこの数年のうちにあったのですが、通院しても偏頭痛だと診断されず、原因も究明してもらえませんでした。

自分で対処する中で、偏頭痛は少し出ないようにおさえられるようになったのですが、閃輝暗点が出るようになってしまったのです。

閃輝暗点とは?

閃輝暗点とは、視界の中に、ギザギザしてモヤモヤした映像が現れ、それがもやもやと動き回り、目の前の物はさえぎられてはっきりと見えなくなってしまう現象です。

私は偏頭痛が出るので、その原因などをネットでしらべていたら、偏頭痛の前に光を見る人が多いと出ていたのですが、それがこの閃輝暗点だと思います。私はその閃輝暗点が出るようになってしまったのです。

最初に出た時は、扇風機が目の前で廻っているのかと思ってしまい、目をそらしたのですが、そのモヤモヤはついてきます。そして、くらくらしてきてしまうのです。カラーで見える人もいるそうですが、私の場合がモノトーンでした。

閃輝暗点も偏頭痛の一種

最初は視界に何か入ってきてしまう目の病気かと思い、その状態のまま、眼科へ飛び込みました。2~30分でおさまってはきたのですが、最初はとても驚いしてしまう症状です。

でも、眼科での診察は異常なしです。「なにか見えてきたのは血流の関係ではないでしょうか」という診断だけです。

この眼科ではダメだと思いましたが、数か月後にまた閃輝暗点が出ました。でも、それが閃輝暗点だという診断もないので、また慌てて、他の有名眼科へ行ってみたのですが、同じく、「ドライアイだけど目に異常は無し、血流の関係でモヤモヤが見えたのでは?」と、取りあってくれません。

その後、自分でいろいろ調べる中、私が見たギザギザもやもやは、閃輝暗点で、それは偏頭痛の一種だとわかったのです。

頭が痛くならなくても閃輝暗点は偏頭痛の前兆

閃輝暗点が頭痛につながらなくても偏頭痛の一種だと知ったことで、気持ちは少し楽になりました。閃輝暗点は偏頭痛の前兆だけど、頭痛が出ない場合もあるそうです。

このような知識があると、他にも前兆を感じることがわかってきます。例えば、生あくびが異常に出たり、抑うつ感を感じる…などです。その前兆を自分で捉えて、気持ちを楽に持ったり、決して無理をしないこと、そして、こめかみにミント液をつけて爽快感と血流を促したりと、できるだけ自分で気持ちが晴れることを試みます。

閃輝暗点や偏頭痛を治すことは簡単にはいきませんが、自分の身体とよく対話して、無理をしない、嫌だと思っていることをひとつひとつ解決していく、ということも大きく原因を減らすような気がします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ