偏頭痛と肩こりの深い関係とは?

偏頭痛とは、普通の頭痛とは違い血管性の慢性頭痛です。脳には、硬膜という薄い膜に覆われていてその上に張りめぐらされている三叉神経から痛みが分泌されて、頭の一部分がズキズキと痛み、偏頭痛となります。遺伝的な要素もあります。

偏頭痛は放っておくと大変な病気に繋がらないとも限りません。原因と特徴を詳しく知って対策を取りましょう。

偏頭痛と肩こりの関係

偏頭痛には主に頭痛が起きる前に前兆が見られることが多くあります。肩こりが悪化する、首や肩がドッと重たくなる、徐々に痛みが拡がるなどが挙げられます。これに、嘔吐や光、音に過敏に反応するなど症状がプラスされます。

また、肩や首にも三叉神経が分布しているために炎症が起きている可能性があります。多くの方が持病に肩こりがあると言われますが、この肩こりに頭痛が付随するのであれば、肩こりが原因の偏頭痛と考えられます。

肩の血行を改善しよう

まず、肩こりの原因の一つである血行の改善を行いましょう。肩こりは同じ姿勢で長い時間を過ごすことで血行不良になり悪化します。1時間に1回は休憩を取って体を動かしましょう。肩を大きく上下に動かしたり、腕を伸ばしたりして大きく深呼吸をしてみましょう。

また、座ったままでもできる体操があります。首を左右に動かす、肩甲骨を上下に伸ばすなどしてみましょう。5分ほど行うと血行が促進されていきます。簡単な体操でも習慣的に続けると血液の流れが改善され肩こりが楽になります。

対策をとろう

偏頭痛の主な原因にストレスや疲労、寝不足、騒音、香水などの強い匂い、激しい光が挙げられます。一旦、痛みが出ると2~3日は続き、少なくとも月に1度は繰り返し痛み出します。そうならない為に、普段から対策を取って置きましょう。

第一にどんな時に頭痛がよく起こるのか調べてみましょう。人混みの中や仕事が立て込んだ時、睡眠不足の時などできるだけ回避するように努めましょう。

また、頭痛を誘発する食品も食べるのを極力控えましょう。血管拡張物質が多い食品は頭痛を招く要素があります。アルコール類やチョコレート、チーズ、ワイン、ハム、キムチなどが代表的な食品です。

さらに、もし偏頭痛になったら、冷たいタオルを血管に当てて収縮させると痛みは軽減します。少量のカフェインを取ることもお勧めです。血管を収縮させて痛みが和らぎます。

偏頭痛とは中々、すぐに完治することも難しい病気ですが、普段自分で少しでも対策をとることで痛みは軽減しますので実行してみましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ