偏頭痛の予防にサングラス着用が効果的だと話題に

偏頭痛、つらいですよね。日本人のうち3~4割は頭痛に悩まされていると言われています。

偏頭痛持ちと言われる人の数は日本人を対象とした全国調査によると、8.4%との報告結果が出ています。

特に20代~30代女性に多く見られる傾向があり、生理前や生理中に偏頭痛が起こりやすいとされています。ズキンズキンとこめかみ辺りの脈打つような激しい痛みが特徴で、大抵は数時間で治まりますが長い場合は3日くらい痛みが持続ずることもあります。

さて、そんなつらい偏頭痛ですが、ある簡単な方法で予防できると最近話題になっています。それは、なんとサングラスを着用することなのです。

偏頭痛の原因

偏頭痛の原因の1つに、光や眩しさが挙げられます。通勤通学中の太陽の光や家やオフィスでの必要以上に眩しい蛍光灯の光。

知らず知らずのうちに私達の目は刺激を受けています。ちょっと眩しいな、と感じたらそれは偏頭痛が始まるサインかもしれません。

サングラス着用で光や眩しさから目を守り偏頭痛を予防

偏頭痛の原因である光や眩しさをカットするもの。それがサングラスというわけです。

サングラスを着用することによって偏頭痛の頻度が70%以上減少したという報告があります。仕事中にサングラスをかけるのが難しい人は多いかもしれませんが、通勤途中などサングラスを着用できるタイミングを逃さないようにしましょう。

偏頭痛に効果がある最適なサングラスの色とは

偏頭痛に効果のあるサングラス選びのポイントは、目を刺激しない色を選ぶことです。最もポピュラーな黒いサングラスは光を遮る力が強く、確かに一時的には偏頭痛予防に効果があります。

ただし、黒いサングラスにはデメリットがあります。視野が暗くなり過ぎるので瞳孔が大きく広がってしまい、紫外線がその瞳孔に入り込んでしまうのです。

この状態が長期に渡って続くと目の水晶体が老化して、最悪の場合白内障になってしまいます。白内障のリスクなく偏頭痛予防にも効果を発揮するサングラスの色は、赤系か茶系ということになります。

青系のサングラスは光を通してしまうので、かえって偏頭痛が起こりやすくなってしまうので注意が必要です。

サングラスを着用しても偏頭痛予防に効果がない場合

そのサングラス自体があなたに合っていない可能性があります。サイズや重さ、鼻の付け根へのフィット感などが自分に合っていないと肩こりの原因になりますし、それが偏頭痛をかえって誘発します。

サングラスを着用しても偏頭痛の頻度が全く減らない、という人はサングラスをいろいろな角度から点検してみましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ