偏頭痛は厄介!予防のために体の負担にならないような生活を心掛け 27歳 U.R.さん

高校生のクラブ活動を辞めてから偏頭痛に悩まされ始めました。

高校を卒業するまではクラブ活動などで運動を頻繁に行っていましたので、それまではなんともなかったのですが、運動する機会がなくなった途端に偏頭痛がおこるようになりました。

また、家族もみな、偏頭痛持ちであり、もしかしたら遺伝などあるのではないか?と思ったりもしております。

どういう時に偏頭痛になるか?

雨の日のように天気が悪くなる前日や、寝不足、体調が悪い時のような体の調子があまりよくない時に起こります。

偏頭痛になった時の対処法は?

とにかく寝る。偏頭痛になってしまったら、家にいるときは必ず布団で寝るようにします。そのようにすれば大抵の場合、起きると偏頭痛が治っています。

仕事をしている場合などは仮眠を取らせてもらうなどしていました。

また、コメカミをマッサージすることも効果的です。、それに加えて、肩を家族などに揉んでもらったり、血流の流れを良くするように頭をぐるぐるとまわしたりして、少しでも症状を抑える努力は欠かしません。

非常に症状が酷い時(頭がかち割れるほどガンガンする時)は、ロキソニンなどの頭痛薬を飲んでから寝るようにしています。

頭痛薬にあまり頼りたくはないですが、どこかに頭を打ち付けていないと耐えることができないような痛さになるのは本当に辛いので、酷くなりそうな予感がする時には必ずと言っていいほど、頭痛薬にお世話になっております。

事前に何か予防策はしているか?

外出するときは、常に頭痛薬は持ち歩いて偏頭痛にならないようにしています。外出先で偏頭痛になるのは避けたいので、なりそうな予感の時は、薬の力を借りて予防しています。

後は、体調が良くない時に偏頭痛になりやすいので、寝不足にならないように睡眠は7時間以上取ったり、予定を詰め込み過ぎて疲れが出て体に負担をかけないような生活を極力行って頭痛になるリスクを減らしています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ