「前駆症状がない偏頭痛」と「前駆症状がある偏頭痛」の違いは何か?

偏頭痛は、反復発作性に起こる頭の片側のみズッキンズッキンと脈が打つような拍動性頭痛です。必ずしも片側だけでなく、左右が交代することも、両側性にあらわれることもあります。男性の2~3倍と女性に多いのが特徴です。

偏頭痛の誘発因子は多彩で、精神的ストレスや不眠、食べものの摂取が引き金になる人もいます。偏頭痛は、前駆症状のないものと前駆症状のあるものとの2種類に分類されます。

前駆症状のない偏頭痛は?

偏頭痛の約80%には前兆はありません。ある日突然発作的にズッキンズッキンとする拍動性頭痛が片側に出現し、悪心や嘔吐、光線、騒音に過敏となり、その痛みは4時間~72時間持続します。階段を上がったり、からだを動かすと痛みが増します。

ただ、家族に同様の頭痛の人があまり見られないことから、本症状の誘因としては、精神、身体的ストレスによることが多いと考えられています。

前駆症状のある偏頭痛は?

頭痛が起こる前に、気分がすぐれず、食欲がないなどの訴えがあり、頭痛直前の前駆症状として、目の前にキラキラ光るものや雲のような暗点、見にくい、片側の脱力などが数分から長くても30~40分見られた後、片側に頭痛が起こるものです。

頭痛は徐々に悪化してひどくなり、悪心、嘔吐が起こることもあります。光や騒音を避け、暗いところで眠れれば目覚めとともに頭痛は改善し消失しています。

この種類の偏頭痛は家族性であることが多く、同じ様な頭痛が家族にもみられます。

偏頭痛の原因

偏頭痛の原因は、ストレスが脳機能異常を引き起こすきっかけとなり、脳血管を支配する三叉神経を刺激して炎症作用をもつ化学物質を分泌させます。

すると血管拡張、血管周囲の浮腫が起こり、同時に三叉神経はその刺激を中枢である脳に送るため脳はその刺激をとらえて疼痛を自覚して頭痛となるわけです。

身近にある偏頭痛の誘発因子

チョコレートやバニラアイスクリーム、エダムチーズ、赤ワインなどのアルコール、酸味の強い食品、香辛料の多い料理など刺激の強いものは避けたほうが良いでしょう。

その他、肩こりや首こり、頸部痛など筋性ストレスや不安、うつなど精神的ストレスがあります。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ