偏頭痛にならないためのポイント!偏頭痛経験談とその対処法は? 女性 31歳 W.K.さん

20歳を機に、偏頭痛が気になるようになりました。

最初は、風邪のひき初めかなと思っていましたが、決まってこめかみ部分が痛くなり、薬に頼る日々。

今でもたまになることがありますが、その原因と薬に頼らない対処法をお伝えしたいと思います。

偏頭痛の症状と原因

女性の方の悩みに多い冷え性、私も慢性的な冷えに悩まされているひとりです。冷房で体が冷えきってしまい、冷えからくる肩こりがひどくなると、偏頭痛になることがよくあります。こめかみの辺りがずしんずしんと、痛みます。

そんなときは、こめかみを押し、マッサージをすると、やんわり落ち着くこともありますが、また、徐々に痛みが増してきます。

偏頭痛をお持ちの方に共通しているのは、冷えがあるということです。手先足先がひえているといくことは、内臓、血管、体の全ての働きが滞ってしまうということです。そのため、血行不良になり、偏頭痛が起きます。

偏頭痛になる最大のポイント

私は、決まって偏頭痛になることがあります。それは、水分を取れていないときです。仕事上、なかなか水分を取れないとき、必ずお昼から夕方にかけて、偏頭痛がひどくなってくるのです。

冷え性を持っている人は、上記に書いたように、普通の人より体の機能が弱ってしまっています。その状態で、水分を取らないと、血行不良がさらにひどくなってしまい、いい血液が、脳に届きません。

水分をあまり取らない人、仕事上あまり水分が取れない人は、しっかりとこまめな水分補給が偏頭痛改善への第一歩です。

なってしまったときの対処法とならないためへの改善方法

どうしても偏頭痛が起きてしまったときは、まずしっかり水分をこまめに取るように心がけます。これが一番のポイントです。お茶やコーヒーではだめです。

それらは利尿作用があるため、逆に体内の水分を外に出してしまいます。ですから、水をしっかりと取り血流を元に戻してあげることが大事です。

そして、一日中パソコンの前に座っているという方は、肩や目のマッサージを、簡単でかまいません。30分や1時間おきに行うようにします。

首を回したり、肩甲骨を回す程度でも、滞っていた血流が良くなります。どうしても辛く、仕事や家事ができないという場合は、頭痛薬の力を借りるしかないかもしれません。

しかし、薬に頼りすぎると本来の機能が低下してしまい、だんだんと薬も効かなくなってしまうので、なるべく自然と回復できる方法を選ぶといいと思います。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ