つらい偏頭痛を乗り越えるには周りの症状への理解が大切 32歳 M.H.さん

女性の4人に1人は持っているという偏頭痛。軽い人もいますが、ほとんどの人はその特殊で辛い病に本当に辛い思いをしています。見た目にはわかりづらい症状のために周りからの理解が得られないことも悩みの一つとなります。

偏頭痛と診断されてから10年、自覚症状が始ってから約20年になる私の経験をご紹介したいと思います。少しで偏頭痛に苦しむあなたの役に足てれば幸いです。

私の偏頭痛

私が偏頭痛と診断されたのは今から約10年ほど前。それまでにも頭痛に苦しみ病院へ行ったことがありましたが、偏頭痛の診断は下らず、ただひたすら耐えていました。

今ならすぐに対処できるのであまり重症化していませんが、当時は偏頭痛とわからず、薬も対処方法もわからないまま生活していたので、ひどい時には吐き気と頭痛が激しく続き、寝ることも食べることもできずに何日もベッドの上で苦しんでいました。現在は、これまでの経験から偏頭痛ともだいぶうまく付き合えるようになってきました。

予兆が来た時点ですぐに薬を飲み、できるだけ早く体を休めるようにしています。また、最近は予兆が来る前から、早いときには前日やその前からなんとなく危険信号を察知することができるようになり、そのため大体はあまり悪化せずにやり過ごすことができています。

偏頭痛の予兆と症状

偏頭痛の予兆は?

偏頭痛の予兆がくる人も少なくありません。予兆は視界がかけたりなんとなくおかしい気がしたりという人もいますし、私はちかちかと光が見え始め、それがだんだんと輪っかになり大きくなっていってやがて視界から消える、というものです。

予兆が来るとそれだけで「偏頭痛がきてしまう」という不安やストレスを感じてしまうこともあります。予兆が始まって30分から1時間ほどで偏頭痛の症状が現れ始めます。

偏頭痛の症状は?

偏頭痛の症状はガンガンと強く打ちつける頭痛、吐き気や嘔吐、肩のあたりから首、後頭部にかけて起こるなんともいえない不快感、全身のだるさや不調などがあります。吐き気や嘔吐は激しく続きますが、ある程度吐いてしまうとだんだんと頭痛が和らいでいく、という傾向もあります。

目に見える予兆の他にも、偏頭痛を起こす数日前からなんとなく体が不調だったり、重くてだるかったり、疲れを感じていたり、前日から不安感があったり、直前には食欲はあまりないのに妙な空腹感があったりといったものもあります。また台風や雨の前などといった低気圧がやってくるというとき、不快な匂いや環境なども偏頭痛を引き起こしがちです。

偏頭痛を防ぐには?

偏頭痛についてはまだまだきちんと解明されていません。漢方などで予防もできるようですが、基本的にはよく効く薬や予防薬、治療法なども確立されていません。

ただ偏頭痛を引き起こす要因や誘発物質などは言われているものがいくつかあります。精神的なストレスや疲れ、酸素不足や低血糖、匂いの強いものや眩しい光などいろいろなことが偏頭痛を誘発すると言われています。歯を食いしばる癖のある人や肩こりの人がなりやすいとも聞きます。

また深い腹式呼吸を行うことで自律神経を整え、また酸素をしっかり取り込めるので偏頭痛の予防になるとも聞いたことがあり、実践中です。はっきりとしたことはわかっていなく個人差もあるようなので、自分がどんな状態でどんな時に偏頭痛になるのかをメモしたりしてある程度把握しておくことがよいでしょう。

偏頭痛になったら?

予兆や前触れがある人は、自分のその予感を信じ、その時点で休むことが大切です。予定や仕事は諦め、部屋を暗くししずかで匂いや音なども極力シャットアウトしてベッドで横になりましょう。

偏頭痛の薬を処方されているならそれを飲み、そのまま寝てしまうのがいちばんです。無理をして出かけても、症状が悪化して自分も辛いし、周りにも迷惑をかけてしまいます。諦めて休むと決断できるようになりましょう。

それができるようにするために、身近な家族や友人、職場などには自分の病気のことをできるだけ知ってもらい、症状が出た時にあれこれと気を回さなくてもいいようにすることが大切です。周りもあなたがどう苦しみ、どうしてあげたらよいのかわかっていれば、協力しやすいですし、快く休ませてくれるでしょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ