片頭痛で脳神経外科で治療してみて 45歳 T.M.さん

片頭痛ってつらいですよね。それに頭痛と片頭痛の区別って頭痛が始まってしまうと痛みで解りにくくないですか?

右半分が痛いような感じでも、後頭部も少し痛い感じがするし、左側も全く痛いわけではないような・・。実際どのあたりが痛いと病院で聞かれてもなかなか説明しにくくて、なんとなく診察が終わって処方薬もらって帰ってしまうんですよね。

どういう時に片頭痛が起こるか?

頭痛が起こり始めた頃は仕事中に片頭痛に悩まされることが多かったです。特に緊張する日は確実に片頭痛になっていました。

頑張らないといけない時に必ず来るんですよね。プレゼンだったり聞き逃しが絶対許されない会議だったり(緩い会議は大丈夫)上司と真剣な話をしている時など。あまり自分の体の変化に敏感ではないので緊張している時に片頭痛が起こると気付いたのは大分たってからですね。

でも段々、緊張していない自宅でリラックスしている時にも片頭痛が起こるようになってきてしまい、頻度もかなり頻繁なり、頭痛の痛みも我慢できていた痛みから寝込むほどの痛みになってきました。

以前の対処法は?

始めのころはひどい時に市販の頭痛薬を内服すれば治まっていた片頭痛ですが、市販薬では効かなくなったため内科などを受診したときにもらう痛み止め(ロキソニンやボルタレン)などを内服していました。

そのころぐらいから緊張時だけではなくリラックスしている時も頭痛が出始めたため脳神経外科を受診しCT検査などをしてもらいました。頭痛がひどくなってきたので脳に何らかの異常があるのではと怖くなったためですが、検査結果は異常なしでした。

その脳神経外科では痛み止めをさらに処方され1回1錠だった薬を2錠までは内服可ということでしたので痛みが出たときは処方薬を2錠内服していました。

今の対処法は?

再度、別の脳神経外科を受診したときに薬物による片頭痛かもしれないと診断されました。つまり痛みが出た時に内服していたあの薬でさらに頭痛が増していたのです。

その診断にはかなり驚きましたが思い当たる節もありました、頭痛が起こると仕事や日常生活に支障があるため起こりそうだと思うときは先に薬の内服していたのです。

今は痛みが我慢できない時だけ痛み止めを内服するにとどめています。それでもと言うときは漢方を内服します、漢方は効き目に即効性はないようですが。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ