鎮痛剤を手放せない!偏頭痛の症状が出たらすぐ飲む 28歳 H.K.さん

偏頭痛の始まりは、社会人になった20歳の頃でした。かれこれ8年程の付き合いになります。

仕事は歯科衛生士です。歯科医院では歯石除去、歯科医師の診療補助などがメインで仕事中の体勢は常に下を向いているような体勢です。その為、日に日に首や肩のコリはひどくなりました。

社会人1年目のその年、追い討ちをかけるように交通事故に遭い頚椎捻挫となり首から頭にかけての痛みに襲われ、それ以降度々頭痛が発症するようになりました。

どんな時に起こるか

頭痛が発症し始めた頃は月に1回~2回ぐらいで首が重いなと思ったら頭痛がするような感じでした。

気がつけばそれは天気がぐずつく前に痛むことがあり、特に台風など低気圧が発達している時は激しく痛むことに気がつきました。

あとはパソコンの画面や携帯の画面、テレビなどを長時間見たりすると起こることもあります。睡眠不足や寝すぎた時も起こります。外出先より自宅で痛むことが多いと思います。

対処法・治療法

最初の頃は我慢していました。何か他のことに集中して気を紛らわすようにしていました。それが段々我慢できない痛みの時も出てきて市販の鎮痛剤を飲むようになりました。

自宅で発症した時は明るい照明や騒音が症状を悪化させるので、照明を落とし静かな部屋でそのまま寝るようにしています。

外出先の場合は常備薬として鎮痛剤を必ず持ち歩くようにしているので鎮痛剤を飲み、休める状況なら痛みが治まるまで安静にします。

鎮痛剤は基本的に症状が出始めたらすぐに飲むようにしています。でないと、痛みがひどく吐き気まで出てしまうこともあるので。

治療という治療は受けたことはありません。あまりに痛みがひどく、市販の鎮痛剤でも痛みが治まらない時に病院へかかったことがあります。

その時に偏頭痛は鎮痛剤を飲んで安静にするぐらいしかないと言われました。

頭痛が起こる前にしている予防法

食事の面では、コーヒーを毎日飲むようにしています。コーヒーのカフェインが頭痛予防になると偏頭痛持ちの方から教わったので。

チョコレート、チーズなどが偏頭痛を発症させやすいとその時に教わったのであまり食べないようにしています。

身体的な面では、定期的に首や肩のコリをほぐしにマッサージへ通っています。あとはセルフで首や肩を回したりもしています。

疲れている時は無理をせずに体を休め、睡眠不足にならないようにも気をつけています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ