つらい偏頭痛で日々の生活は苦労の連続! 32歳 A.T.さん

私は偏頭痛持ちです。今まで病院でしっかり調べてもらったことはないですが、重い病気ではなくただの偏頭痛だと信じています。なぜなら症状がいつも同じ、そして悪化することはないけれど決まって何度も現れるからです。

偏頭痛の概念を調べると正直原因がいろいろありすぎてわからなくなります。偏頭痛持ちと聞いて驚く人もほとんどいないし、自分だけではないという安心感がありますが、日々の生活は苦労の連続です。

偏頭痛の始まりとパターン

私の場合、10代の頃は頭痛に悩まされた記憶もなく、頭痛が多いなと感じるようになったのは20代過ぎて働き出してからでした。

私が頭痛を起こす一番多いパターンは、普段と違ったことを経験したり、慣れない人と会ったりして気を使ったなと思ったときです。基本的に頭を使いすぎてストレスを感じた時に偏頭痛になるようです。コンピューターを使ったり、何かに集中したりするときも同じように後で頭痛を感じます。

しかし時折天気が悪いとき、何もせず気分がいいなと思う日でも突然偏頭痛が現れることもあります。頭痛と言ってもいろいろあると思いますが、私の場合、片方の目の上からこめかみあたりまでがズキズキと痛みを感じます。寝れば基本次の日には治っていますが、頭痛薬も服用して調整したりもしています。

偏頭痛の最悪のシナリオ

これだけ頭痛があると常に頭痛薬は常備しているのが当たり前ですが、時折うっかり忘れてしまったり、仕事中だからと我慢して服用しなかったりすると片方だけだった頭痛も頭全体痛みを感じるようになり、吐き気をもよおすようになってしまいます。

こうなるともうどうしようもなく、頭痛薬も効かないのでもう寝ることだけが唯一改善する方法です。すぐに寝れればいいのですが、これが移動中だったり、外出先で起こると本当につらく、飛行機内や電車内で必死に吐き気を抑え、出た瞬間吐いてしまったことも何度もあります。

私にとって効く予防と対策

最悪のシナリオからもわかるように外で頭痛を感じたらすぐに頭痛薬を服用することが一番の予防策です。少しでも遅れると後で服用しても効きにくいことが多くあります。

家に帰ってできることは、目の上や頭にホッとタオルを載せたりすると痛みが和らぎます。あとはあったかいお風呂に入って循環を良くし、寝るだけです。

自宅で偏頭痛が起こるような場合は、私は頭痛薬をなるべく飲まないで別の方法を考えます。目や頭を使うようなことは避け、ぺパミントティーをのんでリラックスしたり、頭皮マッサージをしてみたり、眠くなくても少しベットで休んだりすると自然と治ることもあります。

せっかくの予定も偏頭痛のおかげで台無しということはよくあります。これからも日々偏頭痛と闘っていきたいと思います。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ