偏頭痛が緩和した簡単にできる私の民間療法は? 40歳 A.K.さん

私が偏頭痛で悩むようになったのは、思春期の高校生くらいだったかと思います。

月に1度ほど、あれっ頭が痛いかなと感じ始め、段々、また痛くなったと月一ペースで痛みを感じるようになっていったのです。特別に病院へ診察に行ったとか、薬を飲んだことはありません。

頭を抱えるほど痛くも無かったし、我慢すればいいか、程度の認識でした。

自分の偏頭痛を知る

短大を出て、働き始めたころです、ああ、また来た、頭痛と再認識したのは。学生の頃は時間の余裕もありましたし、体調が悪くなっても休めばいいかと思っていたのが、働き出すとそうそう休みも急には取れません。

「今、横になります」なんて出来ないですからね。「これじゃダメだ」と認識した私は、自分なりに自分の頭痛について調べてみようと考えました。

まず、月1~2ペースで痛くなる。目の横あたりがズキズキ痛い。生理前後になりやすい。痛みは4~6時間、波があるが続く。などです。

これは果たして病気なのだろうか?そのままにしておいても大丈夫なのだろうか?と思いました。

偏頭痛自体を調べる

まずは、手軽にネット検索してみました。大きな病気が隠れていたら大変だからです。痛みが頻繁かどうか市販薬で治るかどうか我慢できる痛みかどうかが焦点のようでした。

月に1回から2回が頻繁に当てはまるか微妙ではありますが、市販薬でも効かずのた打ち回ることは今までないので、どうやら心配な病気ではなさそうです。

とは言うものの、あまりにもそのままで改善なしも辛いので、色々方法を試してみました。冷えると痛い気がするので、なるべく暖かい飲み物を飲む暖かいお風呂にゆっくり浸かる、運動もしないので駅ではなるべく階段を進んで使うなど私が考える民間療法を実践しました。

その後、現在の私

今も、頭痛が完全に無くなってはいません。同じようなペースで頭痛の症状が出るので、完治とまではいいきれません。

しかし、私的な民間療法を繰り返すことで、頭痛で休みたい、横になりたいとは思わなくなりました。体が健康になってきているのかもしれません。

今のわたしはBMI値も平均だし、高血圧でも低血圧でもありません。血圧は毎日、計るようにしています。階段も息切れしないで5階程度なら登れます。

今よりも血圧が変化したり、頭痛が酷くなったら、すぐに病院へ行こうと思います。偏頭痛と上手に付き合っていけてるのかなと感じています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ